top_line

『正しいロックバンドの作り方』最終話に視聴者が涙「ジャニーズWESTのマインドとリンクする」

テレビドガッチ


ジャニーズWESTの藤井流星と神山智洋、そして栗原類と吉田健悟が出演するドラマ『正しいロックバンドの作り方』(日本テレビ系、毎週月曜24:59~)の最終話(第10話)が、6月22日に放送。インターネット上では、4人の熱い絆に多くの反応があった(以下、ネタバレが含まれます)。

本作は、日本テレビの深夜枠である「シンドラ」の第12弾。西田征史のオリジナル企画で、西田は企画・脚本監修として全体のキャラクターとストーリーを構築。脚本は、映画『覆面系ノイズ』や『春待つ僕ら』のおかざきさとこ、演出は人気映像作家の山岸聖太、主題歌はジャニーズWESTが担当する。

電撃ロックFes出場を目指すべく、苦楽を共にしてきた4人組ロックバンド・悲しみの向こう側は、紆余曲折ありながらも最終審査へ臨むことに。そんな中、ドラムを担当するテツ(神山)が、審査に出られないとこぼす。テツは「緊張で力が入らなくて……」と告白。今までも手が震えることはあったが、重症化はしていなかった。しかし、プレッシャーやインターネット上の悪口に振り回され、とうとう手が付けられないほどになっていた。

テツは、事情を知っている元メンバーでドラム担当のキヨヒコ(板橋駿谷)に代打をお願い。しかし、シズマ(藤井)は「お前も一緒じゃなきゃ意味がねーんだよ!」とぶつけた。シズマは、テツがいたからこそギターを楽しめるようになり「その恩返しも込めてお前をバンドに誘ったんだよ」と涙ながらに明かした。オギノ(栗原)、コバ(吉田)もシズマの考えに同調。テツが出ないのなら最終審査には出ないとした。

「本当は演奏したい」「最終審査に出たい」というテツの思いを聞いた3人は、改めて出場を決意。いよいよ審査へ。ステージに立つと、シズマ以外の3人に緊張の色が……。シズマはマイクをお尻に当て、おならで3人を和ませる。「お前ら“向こう側”へ行く準備はいいか?」と円陣を組み曲を披露。2か月後、結局審査には落選したものの、4人は次を見据えて笑っていた……。

ネット上では「悲しみの向こう側っぽい終わり方とても好きでした」「いつも通りの4人に自然と涙が出た」「悲しみの向こう側とジャニーズWESTのマインドがリンクする」「テツとか今まで兄貴のこと全然頼ってなかったのに、最終的にはシズマに助けられて、エモ中のエモ」といった反応が。また、舞台化も決定していることから「これ舞台どんな感じになるんだろ~~倍率がエグそうだよなぁぁぁ」「舞台での生の演技が楽しみです」と彼らに再会できるのを待ちわびるコメントもあった。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル