top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

木村拓哉と二宮和也が初共演したサスペンス・ミステリー「検察側の罪人」(2018)

エンタメウィーク(映画)

木村拓哉と二宮和也が初共演したサスペンス・ミステリー「検察側の罪人」(2018)(C)エンタメウィーク(映画) 木村拓哉と二宮和也の初共演で、「犯人に告ぐ」などで知られる雫井脩介の同名ミステリー小説を映画化。「クライマーズ・ハイ」「わが母の記」「日本のいちばん長い日」「関ヶ原」など、話題作や名作を多数手がける原田眞人監督がメガホンをとり、ある殺人事件を巡る2人の検事の対立を描く。

解説

木村拓哉と二宮和也の初共演で、「犯人に告ぐ」などで知られる雫井脩介の同名ミステリー小説を映画化。「クライマーズ・ハイ」「わが母の記」「日本のいちばん長い日」「関ヶ原」など、話題作や名作を多数手がける原田眞人監督がメガホンをとり、ある殺人事件を巡る2人の検事の対立を描く。都内で発生した犯人不明の殺人事件を担当することになった、東京地検刑事部のエリート検事・最上と、駆け出しの検事・沖野。やがて、過去に時効を迎えてしまった未解決殺人事件の容疑者だった松倉という男の存在が浮上し、最上は松倉を執拗に追い詰めていく。最上を師と仰ぐ沖野も取り調べに力を入れるが、松倉は否認を続け、手ごたえがない。沖野は次第に、最上が松倉を犯人に仕立て上げようとしているのではないかと、最上の方針に疑問を抱き始める。木村がエリート検事の最上、二宮が若手検事の沖野に扮する。
(提供元:映画.com)

「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る

三度の飯より映画ファンさん ★★★★★

木村拓哉と二宮和也、ジャニーズの演技派タッグによるサスペンス・ミステリー作品。映画館で一度観たのですが、咀嚼しきれない部分が多かったのでアマプラで再鑑賞。司法と行政の間で揺れる検事が、自分の感情で正義をくだしてしまうのではないか。そんな危うい問題提起の中で、色々司法界の空気感が描かれているのが興味深かったです。冒頭、教務館の最上が研修を受ける沖野らに対して「相手に暴言を吐いたら人格否定になる」と非難されるからやめろっていうシーンがかなり印象的でした。何故なら、その後も普段から結構検事側の口の悪さ、声の大きさ、威圧的な態度が気になったからです。そして時効の過ぎた事件を個人的に知っていて、その制裁を下そうとする姿勢も物議を醸すなと思いました。そういった検事側のグレーな部分を暴こうと内部に潜り込む橘は、我々観客の目に近い存在。現在の司法制度の問題点を描いた点ではすごく良くできた作品ではあるけれど、色々考えさせられるのが多くてちょっとモヤモヤしたのも事実。橘が事務官として配属される時も「パワハラ・セクハラが当たり前、それを声に出すと居場所がなくなるから頑張れ」って言われていたのが凄く気になった……。それでもやはり主演二人の掛け合い時の演技力が圧巻でした!


「検察側の罪人」を見るなら
Amazonプライムビデオ
「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る
Amazon、Amazon.co.jp、およびそれらのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル