top_line

コロナ太りを解消!ハード系ヨガポーズに挑戦しよう!

myreco

ハードなヨガポーズとは?


JOKE_PHATRAPONG/shutterstock.com

ヨガポーズは数多く存在し、初心者向けのクラスから上級者向けのクラスへ移るに連れて、どんどん新しいヨガポーズを見かけると思います。


その中でも難易度がかなり高いと言われている、アームバランスポーズについてご紹介します。 


アームバランスポーズ


アームバランスポーズとは、その名の通り腕でバランスを取るポーズのことです。 

通常のヨガクラスではなかなか行われないことも多く、ワークショップや特別なクラスで行われたりします。


アームバランスポーズは腕の筋力がすごく必要なイメージですが、それよりも重心を見つけて体幹でキープする部分が大きく、腕が細い女性でも体幹とバランス感覚に優れていれば可能なポーズです。 


ヨガポーズに挑戦する前に手首をストレッチしよう


Rawpixel.com/shutterstock.com

アームバランスポーズは手首に負担がかかります。 

挑戦する前、した後には手首のストレッチを行いましょう。 


【やり方】


①肩の下に手が、骨盤の下にひざがあるようにして四つん這いになります。

②左手を裏返して手の甲を床につけます。

③ゆっくりとお尻を後ろに引いて手首を伸ばします。 

④次に四つん這いに戻り、左手を回転させて指が足の方を向くようにします。

⑤ゆっくりお尻を後ろに引いて、手首をストレッチします。 

終わったら反対の手も同じようにやります。 


ハード系ヨガポーズ【アームバランスポーズ】に挑戦しよう!


atiger/shutterstock.com

それでは早速、難易度の高いアームバランスポーズに挑戦してみましょう。


難易度は★の数ほど上がっていきます。 

少ない方から順番に行ってみましょう。 


【難易度★】サイドプランク


myreco.me

サイドプランクはプランクポーズのバリエーションです。


身体を板のようにキープするのはプランクポーズと一緒ですが、横になって片手で身体を支えることで、腕の力とバランス感覚が必要になります。


アームバランスポーズの練習として、腕と体幹を鍛えるために効果的なポーズです。


まずはサイドプランクに慣れてから、アームバランスポーズに移りましょう。


【やり方】


myreco.me

①肩の下に手が、骨盤の下にひざがあるようにして四つん這いになります。 


myreco.me

②そのまま片足ずつまっすぐ後ろに伸ばして、プランクポーズになります。 


myreco.me

③プランクポーズになったら足は真ん中に揃えて、徐々に体重を右手に乗せていき、左手は真上に伸ばします。 

このまま3〜5回呼吸します。 

反対側も同じようにやります。 


【ポイント】


床に着いた手から上の手までが、まっすぐ垂直に伸びているようにします。 

足の側面も上手く使ってバランスを取ります。 


【難易度★★】カラスのポーズ


myreco.me

カラスのポーズは1番基本的なアームバランスのポーズと言えるでしょう。 

アームバランスポーズの中でも、初心者向けのものです。 


まずはカラスのポーズができるようになってから、より難易度の高いアームバランスポーズに挑戦していきます。 


安定してバランスが取れない場合は、できるようになるまで更に難易度の高いポーズは控えましょう。 


【やり方】


myreco.me

①足を肩幅くらいに開いて、手は胸の前で合掌し、スクワットした「花輪のポーズ」から始めます。


myreco.me

②合掌した手を開いて床につけて、少しずつ体重を前方に移動していきます。

ひざは二の腕の上の方に乗せます。 


myreco.me

③手の上にひじがあるようにしてバランスを取ります。 


【ポイント】


バランスが取りにくい場合は、片足ずつ浮かせてみて様子をみましょう。

重心をかなり前の方に移動すると、バランスが取りやすいです。


決して勢いに任せずに、ゆっくりと体重を移動して重心を探りましょう。

無理をするとケガの原因になってしまいます。


【難易度★★★】サイドクロウ


myreco.me

カラスのポーズにねじりを加えたものが、サイドクロウです。 

このポーズはサイドプランクやカラスのポーズが、無理なくできるようになってから挑戦しましょう。 


サイドクロウができるようになると、更に色々なアームバランスポーズに挑戦することも可能になります。 

徐々に段階を踏んでアームバランスポーズを攻略しましょう。 


【やり方】


myreco.me

①花輪のポーズで床に手を着いたところから、右のひざを左のひざにそろえます。


myreco.me

②両ひざをまとめて左の二の腕に乗せながら、体重を前に移動してバランスを取ります。 

終わったら反対側も同じようにやります。 


【ポイント】


右ひじは内側に締めてお腹が少し右ひじに乗ることができると、バランスが取りやすいです。 

ひじが外に開いてしまうとバランスは取れないので、ひじを締めるように意識を保ちましょう。 



今回は少しハードなヨガポーズをご紹介しました。 

アームバランスポーズはできるようになると、色々なヨガポーズに挑戦できます。 


難易度の高いものは危険なので、徐々に段階を踏んでアームバランスポーズは挑戦しましょう。

TOPICS

ジャンル