top_line

オールシーズン大活躍!雨の日も快適に過ごすことができる靴

つやプラ

今年は例年に比べて外出の頻度も少ないですが、雨の日対応の靴ならオールシーズン活用できます。とはいえ、いかにも雨靴といったデザインだとおしゃれには見えないですよね。

ファッションスタイリストの筆者が、大人女性におすすめしたい雨の日も対応できる靴をご紹介します。

■雨対応の「メタリックスニーカー」で足元を明るく

雨の日に最適な靴の1つが「スニーカー」です。

しかし、白いスニーカーは泥はねが気になりますし、かといってシンプルな黒だと垢抜けない場合もあります。そんな時におすすめなのが「メタリックスニーカー」です。

パっと見ると非常に派手な印象がありますが、実際に履くとなじみやすく、コーデのさりげないアクセントになります。メタリックなら、泥はねをしても光に反射して目立ちにくいですよ。

「防水加工」を忘れずに

ただし、必ず防水スプレーをして水ぬれと汚れをガードするか、雨用の防水加工がされているメタリックスニーカーを選ぶようにしてください。

ソールがなるべく厚いものだと、水たまりをふんだ際に染み込みにくいです。

■オフィスルックなら「エナメルローファー」

通勤コーデに合う雨対応の靴を選ぶのは、むずかしいですよね。キレイめなデザインでなくてはいけないし、ヒールは歩くたびに水が跳ねてボトムスの裾汚れが心配です。

そんな時におすすめしたい靴は、「エナメル加工のローファー」です。

ヒールもないので安定感があり、ビジネスライクなデザインのものが多いです。特に、パンツルックが多い方は、ローファーを履くと抜け感も出ておしゃれです。

「エナメル加工」がポイント

「エナメル加工」のローファーを選ぶことがポイントとなります。表面がツルツルとして撥水効果もあるので、雨の日の靴としてとり入れやすい王道素材です。

お手入れの方法は、清潔な布に専用のクリームつけて丁寧に拭きとるだけでOKです。とり扱いがとてもラクな点も嬉しいですね。

■スカート派は「パイソンフラットシューズ」を

上記でお伝えしたように、柄や光沢のある素材のものは泥はねや汚れが目立ちにくいです。その点で活用しやすいのは、「パイソン柄」です。

足元がパイソン柄というだけで、クラシカルで上品な印象を与えられます。もちろん、オン・オフの両用も可能です。

「甲が浅めのポインテッドトゥシューズ」は洗練された印象になるのでおすすめです。ただ、足元が冷えやすくなるので、心配な方は通常のポインテッドトゥシューズか甲深タイプのデザインを選ばれると良いでしょう。

甘辛コーデで大人っぽさUP

ローファーはどちらかといえばパンツルックの方におすすめですが、パイソン柄のフラットシューズはスカートスタイルにもマッチします。

フェミニンなコーデにちょっと辛めのパイソン柄が加わると、大人っぽさが出ます。

■オールシーズン対応できる普遍的なアイテムを

雨の日はラバーシューズなどの「いかにも雨靴です」というものを選びがちですが、活用頻度が比較的少ないと思います。また、品質があまり良くないものを購入すると、ゴムくさく蒸れやすい場合があります。

なので、季節問わず履けるスニーカーやローファーで、雨の日対応の靴を選ぶ方が快適です。ぜひ、今回のポイントを参考に似合う靴を選んでみてくださいね。

(ファッションスタイリスト・ライター 角  佑宇子)

TOPICS

ジャンル