top_line

つるんつるん、何度も滑り落ちそうになりながら雪の斜面を必死に登ろうとするクマの子の懸命さに心が震える(ロシア)

カラパイア

bear1
image credit:YouTube

 重力に挑み続けている崖っぷちな戦士といえばヤギ先輩だが(関連記事)、ときにクマの親子も登らなければならない時があるようだ。

 ロシア東部のマガダンで、険しい雪山の斜面を懸命に登る母グマと子グマの姿がドローンにより撮影された。

 頂上に向かって登るもなかなか上手くいかず、子グマは何度も何度もツルツルーッ!と滑り落ちてしまうんだ。

懸命に雪山の斜面を登ろうと奮闘する子グマ



Watch Baby Bear Teach Us to Never Give Up with Challenges

 雪山のしかも斜面ということで、母グマでも登るのは困難なわけだが、子グマにとってはさらに超困難だ。

 母グマはなんとか斜面を登り切るが、子グマは何度も滑る。

 登っては滑り、滑っては登り・・・それでも懸命に這い上がろうとする姿は感動的でかわいらしく、頑張れーっ!と応援したくなる。

bear2
image credit:YouTube

ドローンから逃れようと母グマがパニックになったのか


 しかし、かわいい、かわいいとばかりもいっていられないようだ。

 この動画は「人間の最低最悪の行動を映したものだ」として批判の声もあがっているのだ。

 その理由は撮影方法にある。

 動画の最初、母グマと子グマが横並びで斜面を登っている場面で、母グマは空飛ぶドローンの接近に驚いたような仕草を見せている。

 パニック状態になったのかどうかまでは分からないが、とにかく正体不明の何かが近づいてきたため、それから逃れようと慌てて崖をよじ登るのだ。

 そして、その母グマのスピードに追いつけなかった子グマは雪山の斜面に取り残されてしまった。

 焦ったのか何度も何度も斜面から滑り落ち、孤独なレースを繰り広げることとなってしまったのだ。

bear0_e
image credit:YouTube

撮影者が意図的に子グマに向けてドローンを飛ばした可能性も


 公開された動画は編集されており、カットされた場面もあるようだ。そのため、動画をおもしろくしようと撮影者が意図的に子グマの近くにドローンを飛ばし、わざと滑らせたのでは?との疑いもある。


 生物学者の ジャクリーン・ギル博士はこの動画について、

写真撮影や自撮り、動画撮影をするために野生動物に嫌がらせをすることは決して許されない。彼らに干渉せず、尊敬を示すべきだ。彼らが危険な状況や困難な状況にあるところを撮影してシェアするのは感心しない。例えそれがあなたをネット上で有名にするとしても

とコメントしている。

 もちろん、ドローンが野生動物の自然な行動を観察したり研究したりするのに役立っているのは事実だ。

 だが今回の場合はクマの親子をおもしろ動画の小道具として扱ったと見る人が多く、そのため批判が集まっているようだ。

 幸いにも子グマは斜面を登り切り、無事に母グマと再会することができた。

 ドローンの音は野生動物をおびえさせるので、なるべくそっとしておいてあげよう。

References:Twitter / YouTubeなど / written by usagi / edited by parumo

TOPICS

ランキング(どうぶつ)

ジャンル