top_line

代謝UPで効率的にダイエット!夏に間に合うダイエットテク

つやプラ

日に日に軽やかな服装になるにつれ、厚着の季節の間にため込んでしまった贅肉が気になるという方もいらっしゃいますよね。早速、脂肪を燃焼させてスッキリとしたボディに整えていきましょう。

20㎏のメガダイエットに成功した経験をもつ、ローフードマイスター、ウエルネス&ビューティーライターの筆者が、スッキリとしたボディに導くダイエットテクニックをご紹介します。

■基礎代謝アップは、ダイエットの効率化に欠かせない

スムーズなダイエットのために必須なことは、基礎代謝を上げることです。このポイントを押さえておけば、効率的なエネルギー消費が実現し、体脂肪の減少にもつながります。

また、食事量が変わっていないのに増量してしまったという方は、代謝がダウンしている場合があります。激しい運動や食事制限を考える前に、代謝アップを目指すダイエットを実践してください。

■代謝を上げるエクササイズとは?

ダイエットに不可欠なエクササイズを行う際も、基礎代謝アップを狙ってとり組んでみてください。ポイントは、筋肉量を増やすことです。

基礎代謝は、筋肉量に比例して増減します。無理なく続けられる筋肉トレーニングをご紹介します。

ポイントは、下半身をしっかり鍛えることです。下半身には全身の筋肉の6割が集まっています。特に、太ももやお尻の筋肉は、鍛えるほどにシルエットも美しくなります。

サイドランジ

内ももを鍛える方法です。

(1)脚を閉じて立ちます。

(2)片方の脚を真横へ大きく一歩踏み出しながら、ひざを曲げていきます。もう片方の脚のひざはしっかり伸ばしておきます。

(3)つま先の向きとひざの曲がる方向を同じにし、ひざが90度くらいになるところまで曲げます。

(4)蹴り出すように力を入れ、(1)の姿勢に戻ります。

(5)反対側も同様に行います。左右10回ずつ、3セット行ってください。

ヒップエクステンション

お尻から太ももにかけてのラインが美しくなります。

(1)四つ這いになり両ひざが90度になるように曲げ、つま先は立てておきます。両手は肩の真下にくるように置きます。

(2)お尻を引き上げるようにして、左脚を上にあげます。お尻が縮む感じがしたら、ひざが床につく寸前までゆっくりと脚をおろします。

20回くり返したら、反対の脚も同様に行ってください。2セットを目安に実践しましょう。

■生野菜と果物をとり入れる

最速のダイエットを目指すなら、生野菜と果物をふんだんにとり入れることをおすすめします。

加熱されていない野菜や果物といった食材には、「ビタミン」や「ミネラル」に加えて、「酵素」がふんだんに含まれています。この酵素は身体の機能を上げ、代謝を高めるために欠かせないものです。

サラダは、毎食食べることが理想的です。生の野菜や果物に含まれている水分によって身体の老廃物の排出をサポートすると、基礎代謝アップをいっそう目指すことができます。

甘いものが欲しくなったら、フレッシュなフルーツを

アイスクリームなどの冷たいデザートの代用として、バナナやブドウ、パイナップル、キウイなどを凍らせておくこともおすすめです。

ラージサイズのサラダスピナーを活用

ラージサイズのサラダスピナーにお好みの生野菜を洗って入れ、水切りしたまま冷蔵庫で保存しておけばいつでもフレッシュなサラダがいただけます。

毎食サラダを作るのが面倒という方におすすめの方法です。

■代謝を上げる「スパイス」を多用する

冷えを和らげて、血流を促す効果が期待できるスパイスを多用することも、基礎代謝アップに役立ちます。

代謝アップソースのレシピ

代謝を上げる効果が期待できる「しょうが」「唐辛子」「にんにく」を使ったソースです。蒸した肉や魚、温野菜、豆腐などにそえてお召し上がりください。

材料(作りやすい分量)

・にんにく 4かけ

・しょうが 4かけ

・粉唐辛子 小さじ1/2

・しょうゆ 大さじ4

・オリーブオイル 大さじ4

・酢 大さじ4

作り方

(1)にんにくとしょうがはすりおろしておきます。

(2)(1)と粉唐辛子、しょうゆ、オリーブオイル、酢をよく混ぜ合わせれば完成です。

放っておくと、年齢を重ねるにつれ基礎代謝は下がってしまう一方です。今のうちから基礎代謝アップを心がけ、太りにくく痩せやすい身体に整えていきましょう。その努力さえ忘れなければ、「つらくないダイエット」も十分可能です。

(ウエルネス&ビューティーライター ユウコ)

TOPICS

ジャンル