top_line

地中レーダーで古代ローマの地下都市の全貌が明らかに!

カラパイア

古代ローマの全貌
古代ローマの都市の姿が明らかに image by:Verdonck et al., 2020/Antiquity

 地中レーダーを使った発掘調査によって、土に埋もれてしまった古代ローマの都市の姿を詳細にマッピングすることに成功したそうだ。

 イタリア、ローマから北に50キロの地点にある「ファレリイ・ノーヴィ」の詳細なスキャン画像からは、浴場や劇場、お店や神殿といった施設や、町の送水システムのレイアウトまで知ることができるという。
ポンペイのような遺跡を別にすれば、普通は小さな手がかりしか見つかりません。発掘から多少の洞察は得られるとしても、全体像を理解するのはとても困難です。

ですが、リモートセンシング技術のおかげで、穴掘りをしなくても、大きな完全な遺跡をその構造の細部にわたって調べられるようになりました

 ケンブリッジ大学のマーティン・ミレット教授は説明する。


Under the surface: radar reveals splendor of ancient Roman city

地中で眠る古代ローマの町


 この遺跡の起源は、ファレスク人の反乱が鎮圧された紀元前241年頃にさかのぼる。ローマ人によってファレスク人の一部が移住させられたとき建設されたのが、このファレリイ・ノーヴィの町である。

 紀元前3世紀には2500人ほどの住人が住んでいたが、紀元700年頃に放棄され、今日では地表にわずかに遺構が顔をのぞかせている程度だ。

 1990年代に発掘調査が開始され、浴場や劇場、市場や神殿といった施設の存在が明らかにされてきた。また2017年には、イギリスのセント・ポール大聖堂に匹敵するほど大きな神殿が発見されている。
1_e4
image by:Verdonck et al., 2020/Antiquity

送水ネットワークと都市計画の存在


 ケンブリッジ大学(イギリス)とゲント大学(ベルギー)による最新の地中レーダー探査では、送水ネットワークにつながった大きな長方形の構造が発見されている。これは屋外プールの遺構で、大型公共浴場施設の一部であるそうだ。

 しかしミレット教授によると、まず目に付くのは送水ネットワークのレイアウトであるとのこと。通りに沿って敷設されてはおらず、建物の下を通っていたのだ。

 つまり建物が建てられる前にすでにそこにあったということであり、きちんと都市計画が練られた上でこの町が建設されたことを物語っているという。現在では当たり前のことかもしれないが、それが紀元前3世紀のことなのだから驚きだ。

5_e0
image by:Verdonck et al., 2020/Antiquity

ローマによる支配以前の文化の名残


 また北門の近くではモニュメントの一部らしきものも見つかっている。それは、石柱が並ぶ通路内に向き合うように配置された2つの大きな構造物だ。

 このモニュメントの意味や役割ははっきりしないが、ミレット教授の推測によれば、ローマに支配される以前この地に暮らしていたファリスク人の宗教・文化習慣に関係している可能性があるという。

ローマ帝国について一番の論点の1つは、個々の地域コミュニティの機能と、それがローマ帝国の権力構造全体とどう作用したのかということです。

ファレリイの町の周辺にあるこうした宗教的要素は、おそらくこの地域で暮らしたファレスク人のアイデンティティの産物でしょう。彼らの宗教的習慣がローマ圏内で作り直されたものだと想像します

4_e1
image by:Verdonck et al., 2020/Antiquity

考古学調査における地中レーダーの可能性


地中レーダーの可能性を示すにはぴったりだというファレリイ・ノーヴィの調査では、一番大変なのはその膨大なデータ量であるという。

 古代の遺跡にしては珍しく、町の上に建物が建てられていなかったため、4輪車で地中レーダーを牽引しながら、30ヘクタールの範囲を12.5センチ単位で測定。合計7170万回の計測が行われ、生データの容量は1ヘクタールあたり4.5GBに達している。

 1ヘクタールあたりを文書化しようとすれば20時間もかかるほどで、だからこそ研究チームは処理を自動化する方法を開発しているという。

 ミレット教授は、すでに地中レーダーでオールドバラ(イギリス)をはじめとする遺跡を調査してきた実績があるが、今後はさらにミレトス(トルコ)、ニコポリス(ギリシア)、キュレネ(リビア)といったローマ帝国に関連する主要都市も調査したいと考えているそうだ。

この研究は『Antiquity』(6月9日付)に掲載された。

Ground-penetrating radar survey at Falerii Novi: a new approach to the study of Roman cities | Antiquity | Cambridge Core
https://www.cambridge.org/core/journals/antiquity/article/groundpenetrating-radar-survey-at-falerii-novi-a-new-approach-to-the-study-of-roman-cities/BE7B8E3AE55DB6E03225B01C54CDD09B
References:arstechnica / theguardian/ written by hiroching / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル