top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

面白かった平成の大河ドラマ、2位真田丸

JOOKEY

長年にわたって老若男女問わず人気を博してきているNHK大河ドラマは、現在すでに60近い作品を放送してきました。そこで今回は10〜40代の男女を対象に、平成時代に放送された大河ドラマのうち面白かった作品についてのアンケートを実施。調査結果をもとにした「面白かった平成の大河ドラマランキング」を発表します。

 

■質問内容

面白かった平成の大河ドラマはどれですか。3つ以内でお選びください。

 

■調査結果

1位:龍馬伝(主演:福山雅治) 15.0%
2位:真田丸(主演:堺雅人) 14.0%
3位:新選組!(主演:香取慎吾) 9.0%
3位:篤姫(主演:宮崎あおい) 9.0%
5位:江〜姫たちの戦国〜(主演:上野樹里) 8.0%
5位:軍師官兵衛(主演:岡田准一) 8.0%
7位:八重の桜(主演:綾瀬はるか) 7.0%
7位:おんな城主直虎(主演:柴咲コウ) 7.0%
9位:利家とまつ〜加賀百万石物語〜(主演:唐沢寿明、松嶋菜々子) 6.0%
10位:天地人(主演:妻夫木聡) 5.0%

 

●龍馬伝(主演:福山雅治)

1位は、2010年に放送された「龍馬伝」。坂本龍馬の生涯を描いたオリジナル作品で、福山雅治さんが主演をつとめています。同作では、龍馬のビジュアル面を忠実に再現しており、髪を伸ばし日焼けした福山さんの姿が格好良かったと好評。また、龍馬の幼馴染である岩崎弥太郎を演じた香川照之さんの演技も注目を集めました。

 

●真田丸(主演:堺雅人)

2位は、2016年に放送された「真田丸」。大河ドラマにして初となる真田信繁(幸村)を主人公にした作品であるほか、コメディ要素を取り入れた脚本が魅力の三谷幸喜作品であるとして注目を集めました。主役をつとめたのは、堺雅人さん。草刈正雄さんや木村佳乃さん、長澤まさみさんなど脇役のキャストも豪華に揃えていたのが印象的だったとの声も多数。

 

●新選組!(主演:香取慎吾)、篤姫(主演:宮崎あおい)

3位は、2004年に放送された「新選組!」。武士の近藤勇を主人公に江戸時代末期を背景とした作品で、香取慎吾さんが主演でした。三谷幸喜さんが脚本を手がけており、史実とは違う要素も取り込んだオリジナルストーリーとなっています。同率3位は、2008年に放送された「篤姫」。徳川家定の正室である天璋院の生涯を描いた作品で、徳川家定役は堺雅人さん、天璋院役は宮崎あおいさんが演じました。当時若手だった宮崎さんが、少女〜老婆まで演じた姿も見どころですね。

 

■大河ドラマは楽しみながら歴史も学べて一石二鳥!

作品を見ながら歴史を知ることができる大河ドラマ。面白い作品は、ただ楽しめるだけでなく、歴史の勉強にもなるので一石二鳥ですよね。みなさんは、どの大河ドラマが好きですか?

 

HORANE調べ 2020年1月 調査対象:10~40代の男女

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル