瀬戸康史が前川知大作の舞台『関数ドミノ』に出演、2017年版への意気込みを関西で語る
瀬戸康史が前川知大作の舞台『関数ドミノ』に出演、2017年版への意気込みを関西で語る
この世ならざる世界や人々をスパイスに深淵な人間ドラマを描き出す劇団「イキウメ」。作・演出を担う前...


この世ならざる世界や人々をスパイスに深淵な人間ドラマを描き出す劇団「イキウメ」。作・演出を担う前川知大の初期の人気作で05年、09年、14年に上演された『関数ドミノ』が、新たなキャスト&演出家を得て復活する。ある日、交通事故の目撃者となった真壁薫(瀬戸康史)。事故当日、車は歩行者(池岡亮介)の数センチ手前で透明の壁に衝突するように大破した。真壁は事故の真相を巡り奇妙な仮説を立てるが、その日から関係者の周辺で不可解な出来事が起こり始めて……。前川が言う「無自覚に願いを叶えてしまう小さな神様」を主軸にした荒唐無稽な物語だ。真壁薫役の瀬戸康史が、兵庫公演の合同取材会で意気込みを語った。

「僕も嫉妬による妄想はしますが、ここまでネガティブなキャラは初めてです(笑)」


瀬戸康史



ーー前川作品へは昨年の『遠野物語・奇ッ怪 其ノ参』に次いで、2年連続でのご出演です。

前川さんとはずっとご一緒したいと思っていたので、2年連続で出演できるのは光栄です。『関数ドミノ』はイキウメの中でも非現実的な要素の少ない作品という印象です。”奇跡”がきっかけとしてはありますが、リアルな人間関係の話にぐーっと寄っていくので。真壁を演じる上でも、生っぽさを大事にしたいなと思います。何度も再演されている注目度の高い作品なのでプレッシャーはありますが、劇団員ではないキャストと演出家によって、作品がどう変わっていくのかも楽しみです。


瀬戸康史



ーー2017年版のポイントは。

前川さんは『関数ドミノ』2017年バージョンと仰っています。前回は真壁薫役を事務所の先輩で、イキウメの劇団員でもある安井順平さんが演じていたのですが、今回僕が真壁を演じるということで前川さんが「希望のある終わり方が良いのではないか」と手を加えられたそうです。真壁にとっては希望というか、救いのある終わり方になっていると思います。


瀬戸康史



ーー真壁薫はどういうキャラクターだと?

自分に自信がなかったり、人間の弱さだったり、嫉妬や先入観、そういうものの塊のようなひと。先入観=思いの強さだと僕は思います。僕も結構あるんですけど、上手くいかないことがあると本当は自分に非があったり、自分が変わればもっと良い環境になるのかもしれないのに、まずは周りのせいにしてしまう。僕の場合はプライベートが上手くいかないと、仕事が上手くいく。何かあるんですよ、それも同じような感覚かなと思います。

ーー瀬戸さんの新たな一面が見られそうです。

ここまでネガティブなキャラクターは初めてですね。単に卑屈なヤツで終わるともったいないし、作品が完成しない。共感して貰いたいとも思うので、そこは彼なりの信念をちゃんと持ってやらないと。


瀬戸康史



ーー真壁の信念とは?

真壁は流されやすく時々でそれも変わってくると思うんですけど、そこに迷いがない。自分で自分にマインドコントロールをしているというか、ある意味宗教みたいな感じ。色んな物事に対して迷いがないというのは、凄いことだなと思う。彼の性格というのも、暮らしてきた環境や関わってきた人々によって構築されてきたと思うので。言い方が難しいですけど、彼が”そうなった理由”をいかに愚痴じゃなく聞こえさせるかが、重要だと思います。

「俳優という仕事が楽しいですし、今後も必要とされる人間になりたい」


瀬戸康史



ーーファンを公言されているイキウメ作品の魅力とは?

まず僕自身、非現実的な物事に興味がある。霊的なもの、近未来、もしかしたら起こるんじゃないかとか、そういう作品の方向性が僕の好きなものにどんぴしゃだった。


瀬戸康史



ーー『遠野物語・奇ッ怪 其ノ参』では出演者として作品を体感されました。

出演が決まった時は本当に嬉しくて、舞い上がっていた部分もあるんですけど。稽古自体は淡々とというか、黙々と進んでいくような感じでした。まず机を並べた状態で台本を持ったまま、じっくりと本読みを行って共通認識を深めていく。もの凄く丁寧な作り方だなと。立ち稽古に入ってからも、細かい演出が多かったです。

僕は「霊を取り込む」という特殊な役柄だったので、委ねてもらえる部分もありました。前川さんは見えないですが、僕は霊感が強いので。でも一緒にやってみて、改めて前川さんの演出はとても合うなと勝手に思いました。こうして欲しいという内容が、例え抽象的なことでも分かる。それは観客としてイキウメ作品を観てきたからというのもあるでしょうね。

ーーちなみに、瀬戸さんが体験された霊感エピソードとは?

小学校のときに横断歩道を渡ろうとしたら、右手側からトラックが来て「ひかれた!」と思った次の瞬間、首根っこを後ろに引っ張られた感覚で、後ろに下がっていて助かりました。本番中の舞台上や客席で霊的なものを感じることはざらにあるので、「うぉ!」ってビックリしますけど、何かされることはないです。

ーー近年は『遠野物語・奇ッ怪 其ノ参』をはじめ、NHK朝ドラ『あさが来た』、主演ドラマ『幕末グルメ ブシメシ!』、舞台『陥没』など、素敵な作品でお見かけする機会が増えたように思います。何か意識の変化などはありましたか。

とくにないですけど、「やりたい!」と思ったらやる。『陥没』ではあの役者陣の中で自分がどう演じていけるんだと、最初は希望も何もなかったですね(笑)。でも、蓋を明けてみたら周囲からの評判も良かったので嬉しかったし、頑張って良かったなと思います。KERA(ケラリーノ・サンドロヴィッチ)さんともご一緒したかったですし、何より生瀬勝久さんをはじめ、あの役者陣の中で演じられるということが財産でした。役柄も舞台だからこそ演じられた役だったので、本当に楽しかった。皆さんが思っている瀬戸康史というイメージを、少しはぶち壊せたのかなと思います。


瀬戸康史



ーー舞台の魅力は?

作品に関しても映像では規制がかかって出来ないだろうというものも、舞台では可能だったりする。本番では日々お客さんや地方によっても、舞台の空気感が全然違うのですごく面白いです。舞台は稽古を含め、作品と役に浸っている時間が非常に長いので、愛着がありますね。

ーー楽しんでお仕事されている空気が伝わってきます。

本当に楽しいですね。恵まれた環境でやらせてもらえているので、とても幸せです。今後も必要とされる人間になっていかなければいけないと思います。


瀬戸康史




瀬戸康史




瀬戸康史




瀬戸康史



取材・文・撮影=石橋法子

◆公演情報

『関数ドミノ』

 

■作:前川知大
■演出:寺十吾
■出演:瀬戸康史、柄本時生、小島藤子、鈴木裕樹、山田悠介、池岡亮介、八幡みゆき、千葉雅子、勝村政信

 

<東京公演>
■日程:2017年10月4日(水)~10月15日(日)
■会場:本多劇場

 

<北九州公演>
■日程:2017年10月21日(土)~10月22日(日)
■会場:北九州芸術劇場 中劇場

 

<大分公演>
■日程:2017年10月24日(火)18:30開演
■会場:ホルトホール大分 大ホール

 

<久留米公演>
■日程:2017年10月26日(木)18:30開演
■会場:久留米シティプラザ ザ・グランドホール

 

<北海道・大空町公演>
■日程:2017年11月5日(日)19:00開演
■会場:大空町教育文化会館

 

<北海道・北見公演>
■日程:2017年11月6日(月)19:00開演
■会場:北見芸術文化ホール 中ホール

 

<兵庫公演>
■日程:2017年11月10日(金)~11月12日(日)
■会場:兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール

■公式サイト:http://kansu-domino.westage.jp/

(更新日:2017年9月14日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(芸能)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME