甘味を一切食べさせない母親の元で育った甘太朗の反撃!尾上松也主演「さぼリーマン甘太朗」第9話レビュー
甘味を一切食べさせない母親の元で育った甘太朗の反撃!尾上松也主演「さぼリーマン甘太朗」第9話レビュー
歌舞伎俳優・尾上松也が主演を務めるテレビ東京系・木ドラ25「さぼリーマン甘太朗」。9月7日(木)に放送された第9話では、甘太朗が無類の甘味好きになった原因を作った母親が登場する。母親の気持ちを裏切らないように、甘太朗は急いでスイーツを隠すのだが…。

第9話 学芸大学のエクレア

中途採用で吉朝出版の販売営業部に配属された主人公の飴谷甘太朗(尾上松也)の密かな楽しみは、仕事を早く終わらせて、余った時間で大好きなスイーツを堪能する事だった。

ある日のこと。
甘太朗は外回りの営業を終え、学芸大学で「Rue de Passe」のエクレアを賞味しようとしていた。

エクレアは自分にとっての原点!
そう心でつぶやいて甘太朗が口を開けたそのとき、携帯電話がなる。
母親の飴谷エリコ(森口瑤子)が今から甘太朗の家へ行くと言うのだった。

「まさか甘太朗ちゃン甘いもの食べてないでしょうね?」とエリコがつぶやくと、
甘太朗は背筋がひやりとする。
歯科医のエリコは、幼い頃から甘太朗が甘いものを食べるのを厳しく制限してきた。
その反動で、甘太朗は無類の甘いもの好きになってしまったのだった。

「テイクアウトお願いします!」、そう甘太朗は叫ぶと、エクレアを持ち帰りにして、なんとか帰路につく。

甘太朗の脳裏に「過去を追ってはならない。未来を待ってはならない。ただ現在の一瞬だけを強く生きねばならない」というお釈迦様の言葉がこだまする。
自宅に戻った甘太朗は、エクレアを食べるのを我慢し、歯を磨く。

歯科医師のエリコがやってきて

エリコが甘太朗の部屋にやってくると、先ずは歯をチェックする。
エリコは甘いものを食べていないか? と甘太朗に尋ねると、甘太朗は「甘いもの、食べてないよ。食べたら勘当するんでしょ?」と言ってポーカーフェイスを貫く。

そして、甘太朗がトイレに立つと、エリコは血眼になって、甘い物がないか部屋中を捜索し始める。
エリコは虫歯の原因になる甘い物を、心から憎んでいるのだった。

歯科検診と部屋のチェックを潜り抜けて…

なんとかエリコの厳しいチェックを潜り抜けた甘太朗。
早めにエリコに眠ってもらおうと思うが、エリコは甘い物を食べないため、食べ物で血糖値を上げて眠気を誘うことはできない。

甘太朗は眠気を誘うカモミールティーを入れたり、ラベンダーのキャンドルを焚いたり、水の音のCDをかけたりして、エリコを眠らそうとする。
そして、甘太朗の作戦は成功し、エリコはすっかり眠ってしまう…。

妄想の中での、母親のスイーツ解禁

エリコが寝たのを確認すると、甘太朗は机の中に隠し持っていたエクレアを取り出す。
母親に恨みを晴らすかのように、甘太朗はエリコの顔面前でエクレアを食す。

甘味の快楽の頂点へ達した甘太朗は、一気に天空へと旅立ち、エクレアのジェット機に乗っていた…。
天空で甘太朗がエリコの口にエクレアを食べさせると、エリコは「あま〜い!」と叫ぶ。
そして、エリコは甘太朗に、スイーツを禁じていたことを謝罪するのだった。

第10話は、9月14日(木)深夜1時から放送。

テレビ東京ドラマ「さぼリーマン甘太朗」。
甘太朗は珍しく残業に勤しんでいた。
そんな時脳裏をよぎるのは、「夜スイーツ」。
部長の飲み会を切り抜け、甘太朗はお目当てのプリンにたどり着くことができるのか!?
次回第10話は、9月14日(木)深夜1時から放送。

『さぼリーマン甘太朗』公式サイト
http://www.tv-tokyo.co.jp/kantarou/

イトヲカシによるエンディングテーマ「アイスクリーム」、萩原天晴(原作)/アビディ井上(漫画)による原作コミック「さぼリーマン 飴谷甘太朗」(講談社)とあわせて、お楽しみください。

⇒エンディングテーマ「アイスクリーム/イトヲカシ」作品ページへ
http://music-book.jp/music/Artist/765641/Music/aaa80kve

⇒原作コミック「さぼリーマン 飴谷甘太朗」作品ページへ
http://music-book.jp/comic/title/85043

(更新日:2017年9月13日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(テレビ)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME