【公式】女優ムン・グニョン側、急性コンパートメント症候群の治療継続中 「だいぶ好転」
【公式】女優ムン・グニョン側、急性コンパートメント症候群の治療継続中 「だいぶ好転」
韓国女優ムン・グニョン(30)が、急性コンパートメント症候群の状況について「だいぶ好転している」と明かした。ムン・グニョンの所属事務所ナムアクターズは12日、「ムン・グニョンの健康状態は良くなっている。現在も治療を受けているが、病気発見時よりはだいぶ好転している」と伝えた。

韓国女優ムン・グニョン(30)が、急性コンパートメント症候群の状況について「だいぶ好転している」と明かした。

ムン・グニョンの所属事務所ナムアクターズは12日、「ムン・グニョンの健康状態は良くなっている。現在も治療を受けているが、病気発見時よりはだいぶ好転している」と伝えた。

ムン・グニョンは去る2月、右腕に突然の痛みを訴えた後、急性コンパートメント症候群との診断を受け、4度の手術を受けた。1か月間の入院を経て退院後、通院治療を続けている。

一方、ムン・グニョンは「第22回釜山国際映画祭」の開幕作「ガラスの庭園」の主人公として、来る10月に釜山を訪問する予定だ。

(更新日:2017年9月12日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(芸能)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME