伝統の米国高級ブランドマークレビンソンから初のアナログプレーヤー
伝統の米国高級ブランドマークレビンソンから初のアナログプレーヤー
マークレビンソンは、1972年以来、米国の高級オーディオブランドとして知られている。その創設45周年を記念した同ブランド初となるアナログプレーヤーの発売がファンの間で話題だ。これはNo515がモデ…


 マークレビンソンは、1972年以来、米国の高級オーディオブランドとして知られている。その創設45周年を記念した同ブランド初となるアナログプレーヤーの発売がファンの間で話題だ。これはNo515がモデル名として与えられ、価格は1,000,000円(税別)で登場するもの。発売日は未定だが、この秋には登場の予定とのこと。

 斬新なのは3Dプリンターで作られたという新開発のヘッドシェル一体の樹脂製トーンアーム。軽量化や振動対策とともに、内部を通る細いリード線4本は振動やそれぞれの電気的な干渉を抑えるために、1本ごとに別個に貫通させている。ベース部は12.5mm厚アルミ板を12.5mm厚のMDF(ファイバーボード)でサンドイッチして振動を抑え込む設計。モーター部と電源部は内部でシャーシとは分離し、こちらも振動の影響を抑えている。一般的な1本ではなく、3本のベルトを使って駆動されるプラッターもポイントで、アルミ製で9kgの重さと相まった安定した回転を確保している。


 この他、ポリマーとアルミ、デルリンで構成した脚部、同社アンプのボリュームノブをイメージしたスタビライザーなど、最新の考え方が取り入れられている。回転数33・1/3rpmと45rpm、サイズ・重量は幅515×高さ220×奥行405mm・25.8kg。取り扱いは輸入オーディオのハーマンインターナショナル(東京)。

(更新日:2017年9月11日)

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME