【全国】幻想的でフォトジェニックな”竹林”スポット25選。ライトアップや紅葉も楽しめる!
【全国】幻想的でフォトジェニックな”竹林”スポット25選。ライトアップや紅葉も楽しめる!
幻想的な凛とした美しさで人々を魅了する、日本国内の素晴らしい竹林スポットを厳選!
絶対に一度は行くべき鎌倉・京都など、古都の絶景&有名スポットから心が落ち着く癒しの穴場まで、まとめてご紹介。

幻想的な凛とした美しさで人々を魅了する、日本国内の素晴らしい竹林スポットを厳選!
絶対に一度は行くべき鎌倉・京都など、古都の絶景&有名スポットから心が落ち着く癒しの穴場まで、まとめてご紹介。

秋には紅葉とのコラボが楽しめるスポットも♪
ライトアップされた竹林の中を歩く夜デートもオススメです!

記事配信:じゃらんニュース

※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

孟宗竹林 【北海道】


出典:じゃらん 観光ガイド 孟宗竹林

ここが北限とされる孟宗竹林で、もともとは佐渡より移入したものが根付いたとされる。

\口コミ ピックアップ/
北海道にいながらにして素晴らしい竹林を見られる場所
竹って触ると冷たくて気持ちいいんですよね
風が少しあるとシャラシャラと音が聞こえて竹が好きな人は癒されます
(行った時期:2011年5月3日)

北海道で、孟宗竹を見る事が出来る場所が有ったとは感激でした。
(行った時期:2010年5月23日)

孟宗竹林
住所/北海道松前郡松前町博多

竹林公園 【東京都】


出典:じゃらん 観光ガイド 竹林公園

昭和57年,“新東京百景”に選ばれた公園。自然の起伏を生かした4100平方mの広さの中で約2000本の孟宗竹が望める。公園の一画,武蔵野段丘の谷頭部(急傾斜の終わりの部分)から湧く水は,清らかな湧水池をつくっている。4月から5月にかけては,若竹の緑が特に美しい。平成15年1月『東京の名湧水57選』に選ばれる。竹林と湧水を利用して整備した公園。通年安定した湧水量。子どもたちの水遊びや市民の憩いの場。

\口コミ ピックアップ/
ここら辺一帯、竹藪になっていて…竹が多くて癒されました。
竹林公園は、デートにもおすすめな公園ですね。
(行った時期:2017年6月)

圧巻の竹林、なかなか見れないのでテンションが上がります。自然が多く、暑い日に行きましたがなんだか公園内は涼やかな印象を受けました。
(行った時期:2017年5月)

竹林公園
住所/東京都東久留米市南沢一丁目7番

殿ヶ谷戸庭園 【東京都】


出典:じゃらん 観光ガイド 殿ヶ谷戸庭園

大正初期、満鉄副総裁の江口氏によって造成され、のちに三菱財閥岩崎家の別邸となっていた庭園。武蔵野段丘の南側斜面のハケの地形、湧水池、武蔵野の植生を生かした和洋折衷の林泉回遊式で、面積は約2万1000平方m。杉やモッコクなど、多種の樹木・野草に加え野鳥も多い。新緑・紅葉期の格別な美しさは、訪れる者を魅了する。

\口コミ ピックアップ/
素敵な庭園です。季節のお花も楽しめます。
竹林もあったり、芝生も広くゆったりできます。
お子さまには、物足りないかな?
(行った時期:2013年2月)

中はさほど広すぎないので気軽に歩けます。起伏に富んだ散策路になっていて、たくさんの樹木、竹林、池などがあり凝っています。
(行った時期:2011年1月)

殿ヶ谷戸庭園
住所/東京都国分寺市南町2-16

たけのこ公園 【東京都】


出典:じゃらん 観光ガイド たけのこ公園

竹林と芝生のきれいな原っぱのある公園。木製遊具やバーベキュースペースがあり、子どもも大人も楽しめる。バーベキューは事前申請が必要(水と緑と公園課 Tel:042-346-9556)

\口コミ ピックアップ/
小平市にある公園です。ゆっくりとお散歩してまわってきました。きれいな光景を楽しめました。またの機会に訪れたいと思います。
(行った時期:2017年1月)

たけのこ公園
住所/東京都小平市花小金井7-9-10

報国寺の竹林 【神奈川県】


出典:じゃらん 観光ガイド 報国寺の竹林

出典:じゃらん 観光ガイド 報国寺の竹林

京都風に洗練された広い竹林を持つ。林の中には石灯篭や赤い野点傘が置かれ、孟宗竹の緑をひきたたせている。

\口コミ ピックアップ/
日本らしい風景が広がっていて、めちゃくちゃ癒されました。
竹がいっぱいで、見晴らしが素晴らしい場所です。
(行った時期:2017年7月)

報国寺の竹林は、
自然がいっぱいでとっても癒されました。
竹を見ながらのデートもおすすめですよ♪
(行った時期:2017年7月)

報国寺の竹林
住所/神奈川県鎌倉市浄明寺2-7-4

英勝寺 【神奈川県】


出典:じゃらん 観光ガイド 英勝寺

もと太田道灌の屋敷跡で、鎌倉唯一の尼寺。太田康資の娘で徳川家康の側に仕えたお勝の局(後の英勝院)が、1636年(寛永13)に建立したという。住職は代々水戸家の娘を迎えてきたという。

\口コミ ピックアップ/
名前すら聞いたことのないお寺だったのですが、境内にはいってみてびっくり。かなり見応えのある立派な建物が狭いながらも立ち並んでいたからです。水戸徳川所縁の尼寺と聞いて納得。立派な仏殿、形が特徴的な鐘楼、唐門など建築当時のまま残り、国の指定文化財になっているそうです。竹林のいい雰囲気で、穴場だと思います。
(行った時期:2015年8月)

拝観料がかかるので、少し入るのに躊躇しますが、
すいていますし、報国寺を思わせるような立派な竹林もあります。
あまり広くはないお寺ですが、私がいった時は藤棚がとてもきれいな時期で、
その下にあるベンチに座ってのんびり、藤の花と青空とのコントラストを楽しみました。
お寺よりも、花や竹林を見るのをメインで訪れます。
基本的にすいているので、のんびりとしたいときに良いと思います。
(行った時期:2013年4月)

英勝寺
住所/神奈川県鎌倉市扇ガ谷1-16-3

辻村植物公園 【神奈川県】


出典:じゃらん 観光ガイド 辻村植物公園

梅林・竹林・外国原産の大木・花や実のなる木など

辻村植物公園
住所/神奈川県小田原市荻窪4381

見沼通船堀 【埼玉県】


出典:じゃらん 観光ガイド 見沼通船堀

見沼通船堀は徳川吉宗の命を受けて、井沢弥惣兵衛が享保16年(1731年)に完成させた日本最古の閘門式運河である。これは見沼用水と芝川とに約3mの落差があるため、間に二カ所の閘門を設けて、船を上下させた。通船は毎年12月15日から翌年の2月15日まで見沼代用水縁辺の村々から米・麦・野菜等の産物を舟によって、江戸に運び、帰りには肥料・日用品などを積んで帰った。現在では巨大な木製閘門(枠)が復元されている。国指定史跡。さいたま市文化財保護課(048)829-1723

\口コミ ピックアップ/
江戸時代に開通した見沼通船掘はパナマ運河の160年も前に同じ方法で水位の差がある水路に船を通す事を行った事に驚きました。考え方は分かりやすいですがそれを実現する技術力が素晴らしいと思います。廻りは公園になっていて竹林なども有りました。
(行った時期:2012年6月12日)

見沼通船堀
住所/埼玉県さいたま市緑区大字大間木

赤山陣屋跡 【埼玉県】


出典:じゃらん 観光ガイド 赤山陣屋跡

近世の土木治水事業・新田開発において功績を残した関東郡代伊奈氏が、三代忠治の時、赤山領として幕府から7千石を賜り、伊奈村(現伊奈町)から当地に陣屋を移し、以来十代163年間在地支配の拠点としたのが赤山陣屋である。現在、本丸、二の丸跡を中心に保存整備が進められており、美しい竹林もあり、風光がすこぶる良好で、ハイキングコースとして訪れる人も多い。

\口コミ ピックアップ/
赤山城は江戸期の伊奈氏の陣屋跡です。
郭や堀の跡がたくさん残っていました。
案内も豊富でいいですね。
(行った時期:2017年5月)

赤山陣屋跡
住所/埼玉県川口市大字赤山字陣屋敷他

偕楽園 【茨城県】


出典:じゃらん 観光ガイド 偕楽園

出典:じゃらん 観光ガイド 偕楽園

1842年(天保13)年、徳川斉昭が「民と偕に楽しむ」という趣旨で開いた。当時の面積は14万8,000平方メートル、その大半を梅畑としたが、これは「種梅記の碑」にあるように、その実を梅干として非常の時に備えるのがねらいであった。1873年(明治6年)、常磐神社(光圀・斉昭を祀る)の境内に一部を充てたので、現在の面積は11万平方メートル、東側が梅林、西が老杉木・竹林になっている。園内の梅は約3,000本、品種が豊富なことでも知られ、早春にはたくさんの観梅客で賑わう。ほかにツツジやハギも植えられ四季折々花の香りに包まれる。園内には、偕楽園開園の由来や使用規定を記した偕楽園記の碑、水戸八景の一つ僊湖莫雪の碑、正岡子規の句碑など、たくさんの碑が点在している。杉林の崖下には茶の湯に使った吐玉泉が、今も大理石の井筒からこんこんとあふれている。

\口コミ ピックアップ/
とても広い敷地で驚きました。梅の時期ではありませんでしたが、ツツジや竹林などが綺麗で楽しむことができました。また好文亭の襖絵や、窓から見える景色がとてもよかったです。
(行った時期:2017年6月)

竹林が美しく、大きくて真っ赤なツツジも圧巻でした。好文亭の襖絵や仕掛けも見どころ満載です。私達はたまたま声をかけてくださったボランティアのおじ様にガイドもして頂け、解説付きで優雅なひと時を過ごせました。
(行った時期:2017年5月)

偕楽園
住所/茨城県水戸市常磐町1丁目

竹林の小径 【静岡県】


出典:じゃらん 観光ガイド 竹林の小径

出典:じゃらん 観光ガイド 竹林の小径

温泉街の中心を流れる桂川沿い、独鈷の湯の脇を通る楓通りから上流の滝下橋までつなぐ遊歩道。途中に「ギャラリーしゅぜんじ回廊」がある。

\口コミ ピックアップ/
とても趣があり、癒される観光スポットでした。
写真を、撮られる方には絶景かと思います。
竹林の中はなんとなく涼しく感じて、心地よかったです。
小径の途中、ちょっとしたお食事処や、休めるベンチなどもあってグッドでした。
(行った時期:2017年8月)

修善寺の代表的な人気スポットです。修善寺温泉に行ったら是非行ってみてください。静かで涼しい雰囲気が良い場所です。
(行った時期:2017年6月)

竹林の小径
住所/静岡県伊豆市修善寺3463-1

岡田虎二郎邸宅跡 【愛知県】


出典:じゃらん 観光ガイド 岡田虎二郎邸宅跡

岡田虎二郎邸跡は、もともとあった竹林をそのままに生かして、散策道や東屋、灯篭を配し、辻広場として整備されてる。風にしなる竹どうしがぶつかり合う音が心に響く。

岡田虎二郎邸宅跡
住所/愛知県田原市田原町西山口

土井竹林 【三重県】


出典:じゃらん 観光ガイド 土井竹林

宝暦年間に薩摩から移植したと伝える江南竹の竹林。竹幹の太いことで知られ、主に装飾用建築材として使われる。

土井竹林
住所/三重県尾鷲市古戸地区

竹林庭園 【福井県】


出典:じゃらん 観光ガイド 竹林庭園

回遊式の日本庭園,29種類の竹が鑑賞できます。

\口コミ ピックアップ/
竹と笹をテーマにした回遊式の日本庭園です。
越前陶芸村で、ひときわ静かな落ち着いたたたずまいです。
全国の竹と笹29種類が観賞できます。
(行った時期:2010年8月25日)

竹林庭園
住所/福井県丹生郡越前町小曽原 越前陶芸村内

教林坊 【滋賀県】


出典:じゃらん 観光ガイド 教林坊

出典:じゃらん 観光ガイド 教林坊

出典:じゃらん 観光ガイド 教林坊

刈込みの間に見事な石を立てた池泉鑑賞庭園。

\口コミ ピックアップ/
晩秋の早朝(8時すぎ)に到着
まだ開館前だというのに、すたっふさんが笑顔で迎えてくださいました
ひんやりとしたお寺に通じるやまみちをのぼっていくと、あざやかなもみじの赤と青竹のみどり
それに静観な風景
とても静かなお寺と庭園はまるで絵をみているようでした
(行った時期:2014年11月)

以前、紅葉の時期に訪れました。夜に訪れたのですが、ライトアップされていて、とても綺麗でした。思っていた以上に綺麗でした。おすすめです。
(行った時期:2012年11月)

教林坊
住所/滋賀県近江八幡市安土町石寺1145

竹林の道 【京都府】


出典:じゃらん 観光ガイド 竹林の道

出典:じゃらん 観光ガイド 竹林の道

平安時代から貴族に愛され、別荘や庵が多く築かれた嵯峨野。嵐山の北東に広がり、今も変わらず普遍的な美しさを称えている嵯峨野の竹林。大河内山荘から野宮神社の小道はテレビドラマやCMなどにもよく登場する京を代表する風景で、風情があると人気スポットになっている。毎年12月には、京都・嵐山花灯路が開催されライトアップされる。嵐山を訪れた際には是非立ち寄って幻想的な竹林の道を歩いてみては。

\口コミ ピックアップ/
竹林の道に入るとそこは別世界に来たような。青々とした立派な竹林に囲まれた道を緩やかに歩いてきました。気持ちがとても落ち着いてパワーが充電された気分になりました!
(行った時期:2017年6月)

嵐山にある竹林です。季節によっては浴衣で歩いている方も多く見られ、とても良い雰囲気をかもし出しています。
(行った時期:2017年5月)

竹林の道
住所/京都市右京区嵯峨小倉山田淵山町

竹の径 【京都府】


出典:じゃらん 観光ガイド 竹の径

全国で良質なたけのこの産地として知られている西ノ岡丘陵竹林。「竹の径」は、この竹林に竹穂垣をはじめ古墳垣やかぐや垣など、8種類の竹垣が整然と連なる全長約1.800mの竹林道です。市内外を問わず、散策など竹林浴の地として親しまれています。
また、竹・笹を主体にした回遊式庭園や竹の資料館などで構成された「京都市洛西竹林公園」が隣接しています。

\口コミ ピックアップ/
竹林がとても綺麗で中の方に植物園みたいなものがあったことを記憶しています。少々、子供には距離が長いです。写真家にオススメしたい場所です。
(行った時期:2011年7月)

洛西の丘陵に広がる竹林の中を散策できる散歩道です。風を耳や肌で感じられ気分が落ち着きます。周りにあまり観光スポットが無いので、竹の径だけを歩くよりは、洛西をハイキングでまわるコースの方がお勧めです。
(行った時期:2011年5月3日)

竹の径
住所/京都府向日市寺戸町芝山物集女町長野他

地蔵院(竹の寺) 【京都府】


出典:じゃらん 観光ガイド 地蔵院(竹の寺)

出典:じゃらん 観光ガイド 地蔵院(竹の寺)

本尊は延命安産の地蔵菩薩、十六羅漢の庭が有名。境内に竹が多く、竹林の参道があることから竹の寺と呼ばれる。一休禅師が修養された寺。尚、細護熙元首相筆の襖絵がある。(冬季限定公開)

\口コミ ピックアップ/
外国人の友人と行きました。
竹の大きさ、その敷地の広さ、全てにおどろいていました。
写真をたくさんとっていました。
(行った時期:2016年10月)

地蔵院(竹の寺)
住所/京都府京都市西京区山田北ノ町23

大河内山荘庭園 【京都府】


出典:じゃらん 観光ガイド 大河内山荘庭園

出典:じゃらん 観光ガイド 大河内山荘庭園

往年の名優、大河内伝次郎が30年の歳月をかけて造営した別荘。

\口コミ ピックアップ/
大河内山荘庭園の竹林が見事すぎるくらい、見事でした。
とても癒されました。
また行きたい。
(行った時期:2017年8月)

辺り一面緑の竹がずっと伸びている竹林が素晴らしかったです。人は沢山いたのですが、それすらも忘れるほどの素晴らしい景色でした。
(行った時期:2017年5月)

大河内山荘庭園
住所/京都府京都市右京区嵯峨小倉山田淵山町8

あだし野念仏寺 【京都府】


出典:じゃらん 観光ガイド あだし野念仏寺

弘法大師が無縁仏を弔うために建立、後に法然上人が念仏道場とした。境内に大小無数の石塔石仏が並ぶ。毎年地蔵盆には千灯供養が行われる。

\口コミ ピックアップ/
沢山の墓石が並んだ様子は、まるで異世界です。奥に行くと、大変綺麗な竹林の道があり、この風景がなかなか素敵でした。
(行った時期:2016年5月)

嵐山からレンタサイクルで行きました。歩きだと、結構大変だと思います。
竹と苔が美しく生えるお庭を歩いていくと、たくさんの石や石像が現れます。
厳かな雰囲気が漂っていました。
(行った時期:2015年4月)

あだし野念仏寺
住所/京都府京都市右京区嵯峨鳥居本化野町17

船岡竹林公園 【鳥取県】


出典:じゃらん 観光ガイド 船岡竹林公園

薄緑色の淡い光に包まれ、竹の放つ精気で竹林浴が満喫できる。キャンプ場にはバーベキューができる炊事棟、バンガロウ、テントサイトを備えており、グリーンシャワーを浴びながら自然体験できる。
施設内には、土・日・祝のみの午前11時~午後3時まで営業しているカフェもある。(4月~11月)

\口コミ ピックアップ/
広い芝生があり、緑の中でゆっくりのんびりできました。
おじさんがとても親切で、裏の池の鯉に餌をあげさせてもらったり、水鉄砲を貸してくれたりと、子供は大喜びでした。
あまり時間がなかったので、公園内を見て回れなかったけど、いろいろな珍しい竹があるそうです。
(行った時期:2016年8月14日)

芝生の広場もあるので、お弁当持ってピクニックがてら出掛けるのに良さそうです。
(行った時期:2009年4月)

船岡竹林公園
住所/鳥取県八頭郡八頭町西谷564番地1

山川バンブーパーク 【徳島県】


出典:じゃらん 観光ガイド 山川バンブーパーク

四国三郎、吉野川の河川敖(竹林)に整備された自然公園。


山川バンブーパーク
住所/徳島県吉野川市山川町前川263-1

鈴熊山公園 【福岡県】


出典:じゃらん 観光ガイド 鈴熊山公園

松林、竹林など、四季の変化に富み、森林浴に最適。山頂には鈴熊寺が建立されている。

鈴熊山公園
住所/福岡県築上郡吉富町大字鈴熊

石畳の道(草枕ハイキングコース) 【熊本県】


出典:じゃらん 観光ガイド 石畳の道(草枕ハイキングコース)

夏目漱石「草枕」の元になる、漱石が熊本市から小天温泉へ歩いた峠道。
なかでもファンに一番人気なのが、河内町岳の集落から入った所にある「石畳の道」です。
静かな竹林・杉林・ミカン畑などの間を抜ける昔からの細道です。

石畳の道(草枕ハイキングコース)
住所/熊本県熊本市西区河内町

児玉美術館 【鹿児島県】


出典:じゃらん 観光ガイド 児玉美術館

郷土作家の作品を中心に600点余りを収蔵する他、自然遊歩道や小川を敷地に有する緑豊かな美術館公園

\口コミ ピックアップ/
経済大学の近くにある、こじんまりとした美術館です。
京都を思わせるような立派な竹林がとても印象的でした。
紅葉やあじさいなどもあり、季節ごとに植栽が目を楽しませてくれます。
梅園や展望台もあるので、また行ってみたいと思います。
次回は虫除けを忘れずに・・・
(行った時期:2014年6月1日)

児玉美術館
住所/鹿児島県鹿児島市上福元町8251-1



※この記事は2017年8月時点での情報です

(更新日:2017年9月10日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(おでかけ)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME