top_line

ヨーロッパ最大のフクロウ、アパート3階に巣を作る。3羽のヒナが窓越しからテレビ鑑賞(ベルギー)

カラパイア

ユーラシアワシミミズクのヒナ
ユーラシアワシミミズクのヒナがテレビ鑑賞 image credit: youtube

 普段、人前に滅多にその姿を見せることがないとされているヨーロッパ最大のフクロウの一種、ユーラシアワシミミズク。

 一般的に崖に巣作りすることで知られているが、ベルギーのとある3階建てアパートのプランターコーナーに植えてある木に巣を作り、3羽のヒナが孵った。

 大きなミミズクのヒナ3羽が、物珍しそうに自分の家の中を窓越しに見ている姿を住民男性が動画や写真に収めSNSでシェアすると、大きな注目を浴びた。『Dutch News.nl』などが伝えている。

Man deelt woning met oehoe-familie | Radio | Vroege Vogels

ユーラシアワシミミズクの卵、アパートプランターの植木で孵化


 ベルギー北部ヘールでアパート3階に住むオランダ人ジョス・バートさんは、今年の2月に自分の家のすぐ外にあるアパートプランターの植木に、卵3つが入っている鳥の巣を発見した。

 部屋の窓からその植木はよく見える。最初ジョスさんは、鳩が巣に卵を産み付けたと思っていたが、大きなフクロウが飛んでくる姿を頻繁に目にするようになって、その卵が世界最大級のユーラシアワシミミズクのものであると気付いた。

 それから約2か月後の4月に、3つの卵は孵化。ユーラシアワシミミズクは成長すると羽根を広げた状態で2メートル近くにもなる。ジョスさんによると、生まれて来たヒナはやはり大きかったそうだ。

1_e20
image credit: youtube

動画や写真を撮影し、ヒナの様子を観察


 ジョスさんは、それからというもの窓の外にいるヒナ3羽にすっかり心を奪われてしまった。

 母親は、シャイな性格なのかヒナの傍にいつもいるわけではなく、アパート近くの教会の時計台によく隠れているという。そこからだと、木の上のヒナの様子がよく見えるようだ。

母親ミミズクは6時間~8時間そこにいながらヒナをモニタリングしていることもありますが、たまに巣の近くにやってきて植え込みの向こうからこっそりヒナの様子を確認したりもしています。(ジョスさん)

mum_e
image credit: youtube

 現在、孵化して5週間ほどだが、まだ羽毛が生え変わっていないモフモフ状態のヒナ3羽は、すくすく元気に成長しており、窓越しにジョスさんの生活に興味津々な様子を見せるようになった。


光や動くものに興味を示すヒナ3羽


 かわいいヒナの姿に、思わずジョスさんも相手になってしまう。窓の内側から指を動かして見せると、ヒナはその指を一生懸命目で追う姿はとてもキュートだ。

 また、ジョスさんがテレビをみていると、窓越しにヒナたちも寄り添いながらTVに興味を示す。どうやら、光や動くものにとても興味があるようだ。

owl_e
image credit: youtube

TV_e
image credit: youtube

 ジョスさんは、そんなヒナ3羽の様子を動画に収め、オランダの自然ドキュメンタリーTV番組『Vroege Vogels』に送り、自身のFacebookでもシェア。すると大きな注目を浴びた。



 ジョスさんは、Vroege Vogelsのインタビューでこのように話している。

ヒナたちは、人間を怖がる様子は全く見せていません。こんな近くで最大級のミミズクのヒナを観察することができるなんて、まるで1日中映画を見ているようです。毎日の楽しみができました。

 実は、ジョスさんがユーラシアワシミミズクの卵を発見したのは今回が初めてではないそうだ。以前にも同じ植木に2個の卵を見つけたが、残念ながら孵化しなかったという。

 野生のユーラシアワシミミズクは、最大20年は生きるとされ、普段崖に巣作りするため人間の前に滅多に姿を現すことはない。そのため、ジョスさんの映像はとても貴重なものといえる。

5_e0
image credit: youtube

 ヒナは更に2か月ほど巣で過ごすと予測されているが、ジョスさんは「巣立ちの日がくればきっと私は「空の巣症候群」に陥ることでしょう。来年また、3羽のうちの1羽でもここに戻って来てくれることを願っています」と話している。

written by Scarlet / edited by parumo

TOPICS

ランキング(どうぶつ)

ジャンル