犬猫のマダニ被害 最もよく刺される場所は・・・
犬猫のマダニ被害 最もよく刺される場所は・・・
日本でも海外でも、重篤な感染症になる可能性があり注意喚起されているマダニ。その被害に関するアンケート調査によると、ペットがマダニに刺された経験がある飼い主が10%にのぼることが分かった。アイペッ…

 日本でも海外でも、重篤な感染症になる可能性があり注意喚起されているマダニ。その被害に関するアンケート調査によると、ペットがマダニに刺された経験がある飼い主が10%にのぼることが分かった。

 アイペット損害保険(東京)が犬、猫などを飼育する人560人を対象にした調査。マダニはさまざまなウイルスを持っている。中には命に関わるような事態を引き起こす恐ろしいウイルスもあり、ペットを介して人に感染したことで注目された「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」も、マダニが持つウイルスによって引き起こされる感染症の一つだ。

 夏休みは、人間も山や川に行くとき、足など肌を出さない衣類を着るようにというアドバイスがよく見られるが、そんな“アウトドア”での活動時を圧倒的に上回り、ペットがマダニに刺された場所は、「家の周辺にある公園や草むらを歩いているとき」が最多という結果。お散歩やちょっとした外出の時にも気をつける必要があるということだ。

 マダニの成虫は体長が3~8mm。吸血して満腹状態になると、10~20mm程度の大きさになり、肉眼でも確認できるが、頭部をペットの皮膚の奥深くまで埋めるような形で噛み付いているため、無理に引っ張ると胴だけがちぎれて、頭部はペットの体内に残ってしまうのだそうだ。そうすると、マダニの体内にいるウイルスがペットの体内に流れ出てしまい、恐ろしいウイルスを持っている場合はとても危険。ペットがマダニに刺されたときは、自分で取ろうとするのではなく、すぐに動物病院へ連れて行き相談することが肝要だ。


アイペット損保が運営する犬の飼い主向け情報サイト「ワンペディア」では、マダニを含む犬のノミ・ダニ対策について獣医師が解説している。

(更新日:2017年9月5日)

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME