『君の名は。』主題歌カバーから意外なコラボまで。歌手・上白石萌音の“声”に注目
『君の名は。』主題歌カバーから意外なコラボまで。歌手・上白石萌音の“声”に注目
メガヒット映画『君の名は。』のヒロイン・宮水三葉(みやみず みつは)の声を演じ、一挙に注目を集めた女優・上白石萌音。昨年10月にカバーミニアルバム『chouchou』(シュシュ)でアーティストデビューを果たすなど、さらに活躍の場を広げている。今年7月には、自身初となるオリジナルアルバム『and…』を発表した上白石の“歌手”としての魅力に迫る。

『君の名は。』監督・新海誠も絶賛! 上白石は、「歌うべき人」

昨年のデビューミニアルバム『chouchou』は、『レ・ミゼラブル』の劇中歌や『時をかける少女』の奥華子「変わらないもの」など、国内外の名作映画の主題歌や挿入歌を歌ったカバー曲集。『君の名は。』の主題歌の一つである「なんでもないや(movie ver.)」のカバーも収録されていることから、大きな話題となった作品だ。

昨年10月、東京・池袋サンシャインシティ噴水広場で開催された発売記念ライブでは、上白石は『君の名は。』の“声優”ではなく、一人の“実力派アーティスト”としての存在感を大いに見せつけた。大勢の観客を目の前にした上白石は、伸びやかで力強い歌声を堂々と披露。その歌声に多くの観客が魅了されたのはもちろんのこと、歌声を耳にした瞬間、足を止めて聞き入る人の姿も多く見られたという。

また、ライブでは、『君の名は。』の監督を務めた新海誠氏によるコメントも発表された。新海氏は、上白石の歌声を「心の奥の柔らかな部分をそっと刺すような、甘く懐かしくて、愛おしい痛みをもたらす声」と評した上で、「萌音ちゃんの歌声を初めて聴いた時、『この人は歌うべき人なのだ』と強く思いました」と、アーティストとしての上白石を高く評価している。

注目アーティスト・藤原さくらも上白石を絶賛!

今年7月に発表された1stオリジナルアルバム『and…』は、シンガー・ソングライターの秦基博やHYのドラマー・名嘉俊といった豪華アーティストからの提供曲も収録された力作だ。アーティストとしての上白石の実力は彼らも認めるところのようで、秦基博は「上白石さんのもつ透明感、清廉性、その凛とした歌声に導かれるように曲ができました」と、上白石を賞賛するコメントを発表している。

また、昨年の月9ドラマ『ラヴソング』(フジテレビ系)のヒロインに大抜擢され、ブレイクしつつあるシンガー・ソングライター藤原さくらも、本作のために楽曲を提供したアーティストの一人。藤原は「友人として、一人のアーティストとして、嫉妬するほど素敵な歌声を持つ」と上白石の歌声を絶賛している。

上白石は、類いまれなる表現力と美声の持ち主

「歌うように演じて、演じるように歌う」といわれる上白石。これまで女優として、確かな表現力を身に付けてきたからこそ、アーティストとしても類いまれなる才能を開花させることができたのかもしれない。

また、多くのアーティストが賞賛するとおり、確かな美声の持ち主でもある。音楽ファンを中心とする多くの人々が、アーティストとしての上白石の今後の成長ぶりを楽しみにしているはずだ。

(文/おがたま)

(更新日:2017年9月8日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(音楽)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME