top_line

男性が「本命にはしない」口説き方って?

愛カツ

男性の押しの強さと、好意の強さ、本気度は比例しません。

押しの強い男性に流されてしまった経験を持つ人も少なくないようです。

しかし、本気じゃない男性の誘いに乗ると、もし付き合っても大事にされないことも……。

男性が“本命にはしない口説き方”とは、どんなものなのでしょうか?

とにかくお酒を飲ませる

「エロい雰囲気に流されてくれればいいな!という相手には、とにかくお酒を勧めますね。そのためにも、お酒はいけるクチなのか、デートの店選びの時点で絶対確認します。そういえば、本気の女の子だったら、飲めなくてもその場を楽しんでもらえればいいから、お酒の強さなんか確認しないかも」(25歳・男性)

本気じゃない女子に対しては、甘い雰囲気を演出するより、お酒によって雰囲気任せでどうにか……という雑な口説きかたをする男性も。

お酒を勧めることで、女子の判断力が鈍ることを期待します。

稀に女子のほうがお酒が強く、男性が先に酔いつぶれて自爆するケースもありますが、その場合の多くは、以後の連絡が取れなくなるようです。

下ネタに走る

「相手の様子を見ながら下ネタを振って、まんざらでもなさそうだったら押しを強くします。『は?』って言われたらさっさと帰るし、『えー』とか言ってクネクネしてるようなら家に連れて帰ります」(28歳・男性)

下ネタに対する女子の反応で、ある程度はイケるかどうかがわかるため、気まずくなることも少ないのだそう。

一方、本気の女子に対しては「チャラいと思われたら困る」「怒らせたくない」と、下ネタは完封だと言います。

このタイプは、一応は空気を読むため、下ネタを振られてもとぼけ続けていれば、そのうち諦めることも多いです。

物理的に帰れなくする

「女の子は、その気があっても自分から泊ろうとか言わないでしょ?断わる理由を無くしてあげればいいんでしょ?だから、終電を逃すように仕向けたり、最初から自分の家に呼んで、物理的に帰れなくすることが多いですね。タクシーで帰るって言われたら、さすがに諦めるけど」(27歳・男性)

女子が「仕方ないなあ」と応じてくれた経験のある男性は、“自分とお泊まりする理由”を作れば、女子を落とせると信じている様子。

22時以降の待ち合わせなど、“帰らない前提”の飲みデートのお誘いには注意が必要。

こんな彼らも、同じお泊まりでも本命女子には昼間からたっぷり時間を使い、きちんと告白してから誘うといいます。

手軽な誘いに乗るのはNG!

ベタベタ触る

「いけそうかな?と思ったら、とりあえずボディタッチしますね。
きれいな手だねーって触ったり、腰に手を添えたり」(24歳・男性)

いいかも、と思っている男性とのデートで、男性からのボディタッチが増えると「脈あり?」とドキドキしていませんか?

でも、本命女子には「そんなことできない」という男性の方が多いです。

特に、初デートで、腰や背中へのボディタッチが多発する場合は、遊びの可能性大!

こんな彼らも、本気の女子には手を繋ぐだけでも「繋いでいい?」と聞くピュアさを発揮しているようですよ。

本気の場合もゼロではないけど

本命とそれ以外では、口説き方もはっきり変えている男性が多いんです。

ここにあげた強引な口説き方は、自分に自信がない男性がやってしまうこともありますが、基本的にはコミュニケーションから逃げてるだけの手法です。

緊張しているようだし、乗ってあげてもいいか……と思うかもしれませんが、もし彼氏になっても「話し合いはできない」タイプの可能性大ですよ!

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)

TOPICS

ランキング(恋愛)

ジャンル