top_line

佐渡島庸平 今月の「この本にひとめ惚れ」『物語の体操』『情動はこうしてつくられる』『「言葉」が暴走する時代の処世術』

ダ・ヴィンチNEWS

『ダ・ヴィンチ』本誌の人気連載コーナー「この本にひとめ惚れ」から、コルク代表・佐渡島さんのひとめ惚れ本を紹介。『宇宙兄弟』『ドラゴン桜』といった大ヒット作品を世に出した天才編集者・経営者が“ひとめぼれ”した本をチェック!

【こちらも読みたい】俳優、タレントとして活躍する石井正則がハンセン病療養所の今の空気を写真集に。写されているのは…?

『物語の体操』と『情動はこうしてつくられる』は、新人マンガ家と物語づくりに取り組んでいる今、必要な本だと思った2冊。『「言葉」が暴走する時代の処世術』は、SNSの時代、いかにして人間同士の揉め事が起こるかなどを考察している。この二人の対談なら面白いに違いない。

『物語の体操 物語るための基礎体力を身につける6つの実践的レッスン』大塚英志
星海社新書 840円(税別)
星海社:発行 講談社:発売

装丁:吉岡秀典(セプテンバーカウボーイ)
編集:太田克史
編集副担当:岡村邦寛

新人マンガ家と作品づくりに取り組んでいる今、再読したい一冊。

『情動はこうしてつくられる  脳の隠れた働きと構成主義的情動理論』リサ・フェルドマン・バレット:著 高橋 洋:訳
紀伊國屋書店 3200円(税別)

装丁(日本語版):松田行正、杉本聖士

同じく物語を作るうえで深く考えるテーマとして「感情」を学ぶために。

『「言葉」が暴走する時代の処世術』太田 光、山極寿一
集英社新書 780円(税別)

装丁:新井千佳子
写真:丸谷嘉長
編集:細川綾子

SNSの時代、いかにして人間同士の揉め事が起こるかなどを考察している。この二人の対談なら面白いに違いない。

【青山ブックセンターにて彷書】

<プロフィール>佐渡島庸平(さどしま・ようへい)
1979年生まれ。東京大学文学部を卒業後、2002年に講談社に入社。
週刊モーニング編集部にて、『バガボンド』(井上雄彦)、『ドラゴン桜』(三田紀房)、『働きマン』(安野モヨコ)、『宇宙兄弟』(小山宙哉)、『モダンタイムス』(伊坂幸太郎)、『16歳の教科書』など数多くのヒット作を編集。
インターネット時代に合わせた作家・作品・読者のカタチをつくるため、2012年に講談社を退社し、コルクを創業。
従来のビジネスモデルが崩壊している中で、コミュニティに可能性を感じ、コルクラボというオンラインサロンを主宰。
編集者という仕事をアップデートし続けている。●Twiter ID:@sadycork

写真=首藤幹夫
取材・文=田中裕

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル