top_line

「バキ」大擂台賽編、キービジュアル&本PVが公開ッッ!! 最凶死刑囚のその後描いた「REVENGE TOKYO」もアニメ化

アニメ!アニメ!

「バキ」大擂台賽編、キービジュアル&本PVが公開ッッ!! 最凶死刑囚のその後描いた「REVENGE TOKYO」もアニメ化

Netflixオリジナルアニメシリーズ『バキ』最凶死刑囚編の続編として6月4日より全話一挙独占配信される『バキ』大擂台賽(だいらいたいさい)編より、待望のキービジュアルと本PVが公開された。
さらに、前作に登場した5人の死刑囚たちのその後を描いた、原作新装版に収録の「REVENGE TOKYO」も、特別エピソードとしてアニメ化されることが決定した。

『バキ』の原作にあたる『刃牙』シリーズは、地下闘技場の最年少チャンピオンである主人公・範馬刃牙と、“地上最強の生物”と呼ばれるその父・範馬勇次郎との壮絶な死闘を軸に、様々な格闘士たちの闘いを描く格闘マンガだ。
「最凶死刑囚編」はNetflixオリジナ ルアニメシリーズとして2018年夏に映像化され、TV放送も実施されていた。



このたび公開された『バキ』大擂台賽編のキービジュアルは、100年に一度開かれる究極の中国武術トーナメント「大擂台賽」へと挑む、範馬刃牙、烈海王、ビスケット・オリバ、マホメド・アライJr.の筋骨隆々たる姿を中心に据えたもの。
両脇には、鋭い視線で睨み合う“地上最強の生物”範馬勇次郎と、大擂台賽の前回覇者・郭海皇も描かれており、激しい闘いを予感させる一枚となっている。

そして本PV「大擂台賽編」には、最強の称号「海皇」をかけ猛者たちが集う大擂台賽から、彼らの激闘が抜粋された。
毒に侵された瀕死の状態で参戦する範馬刃牙の生き残りをかけた戦い、“究極の暴力”範馬勇次郎と“究極の武”郭海皇による世紀の決戦など、見逃せないバトルが目白押しだ。


また大擂台賽編の閉幕後には、マホメド・アライJr.が範馬刃牙に挑戦状をたたきつける「神の子激突編」へと突入することもうかがえる。
ともに偉大な父の遺伝子を継ぐ、“神の子”マホメド・アライJr.と“鬼の子”範馬刃牙の対決にも注目したい。



これらに加えて、PVの最後には「最凶死刑囚(ヤツら)が再び…ッッ」の文字も。
前作「最凶死刑囚編」にて、刃牙たち地下闘技場戦士と壮絶な死闘を繰り広げた末に敗北を知った5人の死刑囚たちが再び不穏な動きを見せる、原作新装版「バキ」に収録された「REVENGE TOKYO」も特別エピソードとしてアニメ化されることが明らかになった。

Netflixオリジナルアニメシリーズ『バキ』大擂台賽編は、2020年6月4日より全話一挙に独占配信が開始される。

(C)板垣恵介(秋田書店)/バキッッ製作委員会

TOPICS

ランキング(アニメ)

ジャンル