top_line

今やるべき!家に居ながら「恋人候補を増やす」方法

愛カツ

いろんな事情があって、家から出られないこともあります。すると、恋人が欲しい……と思っていても、行動に移すことができません。

でも、外に出なくても相手探しはできるんです。

今回は「家に居ながら恋人候補を増やす方法」をご紹介します。

LINEで掘り起こし

家から出る機会が少なくなると、出会いの数も減ります。まさに「出会いがない」状態です。

しかし、ここで大人しくしていてはいけません。かつての知り合いをあたるのです。なかには、いいな……と思った相手だっているでしょう。

かつて知り合った男性を、LINEを使って掘り起こしてみてください。「久しぶり」ぐらいの内容で構いません。

向こうだって時間を持て余している可能性は十分にあります。そうなると、暇つぶしに……と快く相手をしてくれるはずです。

SNSをじっくりチェック

家に居て、たいしてすることがないようなとき。ただ、ダラダラと過ごすのはもったいない。そういうとき、いろんな男性のSNSをじっくりチェックしてみましょう。

過去をさかのぼると、意外な共通点が見えてきたりします。共通の趣味があったり、自分の行ったことのある場所に出かけていたり。

それは共通の話題ということになり、連絡をするキッカケにもなります。

「たまたま見てたら……」と連絡をしても、別に怪しいところはありません。

SNSには、そういったキッカケが詰まっています。

リモート飲みのお誘い

普段なら、連絡するのも気が引けるような男性がいるかもしれません。

そんな男性に対して、リモート飲みのお誘いをしてみてはいかがでしょう。

あまり外に出歩いていないと、人恋しくなるのは当然。ならば、そういったお誘いも寛容に受けて止めてもらえます。

まずは、複数でのリモート飲み会に誘ってみてください。そこから人数を減らして、2人で行えるようにもっていきましょう。

でも、慣れていないと、最初に誘った時点で難色を示すかもしれません。

そういう場合は、2人だけで試してみようとすればいい。こちらとしては2人のほうがいいわけですから、好都合ですよね。

デリバリーを頼んで

家に居て、買いものに行くことも少ないと、食事をデリバリーで済ませている人もいるはずです。

デリバリーの際、運んできてくれるのが若い男性である場合は非常に多い。

もしかしたら、タイプの人もいるかもしれません。だとしたらこれを、出会いのひとつと捉えてもいいのでは?

だいたい、デリバリーの担当範囲は決まっているので、同じ人が運んできてくれることは多々あります。

何度も顔を合わせれば、会話をすることもあるでしょう。

リピートすることで、関係がより近くなっていく可能性は十分にあります。

おわりに

家から出られないような状況が続くと、出会いの数も減ります。

そこで、何もしなければ、いずれ出歩けるようになったときも、何もありません。

だから、これからのことを考えて、今できることをしておきましょう。

(大木アンヌ/ライター)

(愛カツ編集部)

TOPICS

ランキング(恋愛)

ジャンル