top_line

竹財輝之助演じる翔太、まさかの国に海外赴任を打診され…『東京男子図鑑』第4話

テレビドガッチ


竹財輝之助が主演を務め、日中共同プロジェクトとして制作されたドラマ『東京男子図鑑』(カンテレ、毎週木曜24:25~※関西ローカル)の第4話が、5月21日に放送される。

本作は、主人公・佐東翔太が東京を舞台に、金と仕事と女に奮闘しながらサバイブしていく “東京男子”の成長と心理をリアルに描いた物語。職場の後輩でやがて翔太と恋仲になり、人生のどん底に落ちた翔太を優しく支える女性・藤崎瑠璃子を市川由衣が演じるほか、森岡龍、落合モトキ、牧田哲也、山中崇らが出演する。

<第4話あらすじ>
2009年翔太(竹財)33歳。ある夜バーで飲んでいた時に隣で飲んでいた小百合(33=鎌滝えり)と出会う。「どこかで会ったことりますよね?」と話す翔太。小百合とは小島(落合)の結婚式の後にたまたま一度だけ本当にあったことがあったのだ。付き合うかと思いきや、年収1200万の翔太に対し、小百合は外資系銀行に勤めるキャリアウーマン。年収も翔太よりちょっと上だった。

ある日先輩の大隅(山中)から「会社を辞めてITベンチャーの役員待遇として転職する」と告げられる。「お前もどうだ、転職」と言われる翔太。小百合と後輩の後藤と飲んでいるときもシビアなキャリアの話。「アフリカと言われたら、オワリだ」というような……。しかし翔太にやってきた海外赴任の先は……。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル