top_line

彼女にしたい!男性が「真剣に付き合おう」と感じる瞬間

愛カツ

仲の良い女性や、いい雰囲気になってきている女性を、「彼女にしたい」と感じるきっかけはどういったことなのか。

その男性心理を知ることができたら、恋人になれる確率もグンと高くなることでしょう。

そこで今回は、男性が「真剣に付き合おう」と感じる瞬間を紹介しますよ。

弱っているときに「そばにいてくれた」

うまくいかないことがあって落ち込んでいるときに、何も言わずにそばにいてくれる女性は、男性にとって心強い存在です。

「何かをしてほしいわけではなく、ただそばにいてほしい」といった思いを理解してくれることも、素直にうれしいはず。

また、体調不良でダウンをしたときなどに、健気に看病をしてくれる姿には、グッと心を奪われることでしょう。

いずれにせよ、弱っているときに寄り添ってくれる女性のことは、男性も「大事にしたい」と感じるものですよ。

「ダメな部分」も出せる

自分のいい部分ばかりを見せるのではなく、ダメな部分も見せられたときに、関係性は一気に深まります。

そして、それを女性が受け入れてくれたら、「この子を彼女にしたい」と男性は感じるもの。

さらに、女性も自分をさらけ出しくれて、お互いに「素の自分」を出せるようになったら、特別感も強まっていきます。

まずはあなたのほうから自分を出していくようにすると、ハードルが下がって、男性も心を開きやすくなるでしょう。

気持ちを「察してくれる」

いちいち細かく話さなくても、なんとなくお互いの気持ちや欲していることがわかる。

これは理想的なカップルの関係性であるので、そういった状態になれる女性に対しては、「恋人にしたい」という気持ちも芽生えやすいでしょう。

男性自体は察することが苦手な人が多いので、察してくれる女性には余計に大きな愛情を感じます。

すべてを察することはできなくても、「それ、わかるよ」と共感を示してあげると、男性は気持ちを理解してくれていることへの喜びを感じてくれますよ。

心地よい「距離感」である

好きだからといって、いつでも常に一緒にいようとする女性には、男性は次第に息苦しさを感じるようになるはず。

それでは、「付き合ったら大変そうだな」と思われてしまうことにもなるでしょう。

ちゃんとそれぞれの時間も大切にして、ある程度の距離感を保ってくれる女性であれば、恋人同士になったあとも居心地のいい関係性を築いていけます。

過干渉にはならず、でも愛情はしっかりと感じ合えたら、それは最高の形なので、「彼女にしたい」と自然に思ってもらえるでしょう。

おわりに

わかり合えたと感じたときに、男性は特別な感情を抱くのでしょう。

自分の気持ちばかりではなく、相手の気持ちを考えるようにすると、きっと男性からの印象は大きく変わりますよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)

TOPICS

ランキング(恋愛)

ジャンル