top_line

さまぁ~ず大竹、三男寝かしつけは『鬼滅の刃』主題歌で「“全集中”だから!」ゴッドハンドを披露

テレビドガッチ


さまぁ~ず(大竹一樹、三村マサカズ)の2人が“等身大の日常”をこっそり話す深夜のトークバラエティ『さまぁ〜ず×さまぁ〜ず』(テレビ朝日系、毎週月曜26:21~ ※一部地域除く)。5月18日の放送では、観覧客を入れての収録ではなく、リビング風スタジオでトークを展開した。

今回、視聴者から「さまぁ~ずに確認したい噂」を募集。大竹の妻でフリーアナウンサーの中村仁美の連載で、三男を昼に寝かしつける際「夫(大竹)がゴッドハンドを手に入れた」と書いていたため、どんな風に寝かしつけているのか? と質問が投げかけられた。

大竹は「ゴッドハンド的なことを言って、俺に(寝かしつけを)やらせたいだけだから。それは分かっている」とうしろ向きな発言。子供が夜泣きをしても大竹は起きないタイプのため、必然的に昼担当になっていると明かした。続けて「寝させることに集中するわけだから、そりゃもういろいろ考えた結果、ゴッドハンドを手に入れた」と豪語。立って寝かしつけることは基本的にできるのだが、結局、布団の上に子供を寝かせるときに起きてしまう。この問題を解消するため、ある作戦を使っているという。

「誰でもやっていること」としつつも、三村にエアーで見せることに。まず、寝る気配を察知した後、抱っこをして、心臓の音を強めに聞かせる。眠りがよくなるため、スマートフォンで映画『クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』の主題歌である、あいみょんの「ハルノヒ」を子守歌代わりにかけるという。その後、上下運動をしてリラックス状態に。ゆりかごのような体勢にして、眠り始めたら布団の上へ。一切振動を与えないまま、三男の足を地面につけて、布団の感覚を覚えさせる。“着地して大丈夫”だと思ったら、今度は膝の上に身体を乗せて、地面をなじませていく。布団までの移動をゆらゆら動かしながら、いよいよ地面へ。

お尻の下にある手をゆっくり2分ほどかけて抜く。最後に頭なのだが、ここが一番敏感なため、三村は「恋人も気づくからね」と例えて大笑い。大竹も「この時間が一番難しい」としつつ、このときは、自分自身のテンションを上げるため、曲をLiSAが歌うアニメ『鬼滅の刃』の主題歌「紅蓮華」 に変えるという。大竹はアニメの中で使われるセリフに絡めて「ここから“全集中”だから!」とコメント。その後、三男の肩を持ちながら、頭の下にある手を抜いて布団に着地させる……と説明していた。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル