top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

「この現場には、『もう死んでもいい』と思える瞬間が何度もありました」高橋一生(小野政次)3【「おんな城主 直虎」インタビュー】

もっとエンタメ

 幼なじみの直虎(柴咲コウ)を支えて、時に「裏切り者」の汚名を着せられつつも、必死に井伊谷を守ってきた井伊家家老・小野政次が、戦国の世に散っていった。第33回「嫌われ政次の一生」での最期に、胸いっぱいになった視聴者も少なくないに違いない。放送開始から半年以上にわたり、見事な演技で私たちを魅了してきた高橋一生が、クランクアップ後の心境、今だから言える政次役に込めた思いを打ち明けた。

-クランクアップを迎えた今のお気持ちは?

 1年間、まるまるだったので…。以前も同じぐらいの期間で大河ドラマに携わらせていただいたことがありますが、それとは全く違った感慨深さがありました。俳優としてお芝居をさせていただく中で、生きている実感みたいなものを政次から得て、「今が最高だ」、「もう死んでもいい」と思える瞬間がこの現場には何度もありました。この1年、政次と一緒にいた時間が長かったので、当分終わったという感覚がないまま進んでしまいそうです。クランクアップした日の夜は、寂しさが込み上げてきて、ずっと政次のことを考えながらお風呂に入っていました。

-「最高だ」と感じたのは、例えばどんな場面でしょうか。

 最初に感じたのは、第11回です。直親(三浦春馬)と次郎(=直虎)と政次の幼なじみ3人が、井戸端に集まっている場面。次の日には「駿府に行ってくる」と言って、直親と最後の別れになるのですが、そんなことは関係なく「3人で楽しい」という気分になった時、「俳優をやっていて良かった」と感じました。余計なことは一切考えず、ただただ政次として幸福な時間を過ごすことができました。

-小野政次という人物をどのように捉えて演じていましたか。

 もちろん史実がありますから、実際に起きたことは変えられませんが、お芝居をさせていただいている者としては、現場で作っているものが全てです。史実を意識し過ぎると、結末から逆算していく精神状態になりがちですが、それが正しいのかというと、決してそうではないと思っていて。僕にとっては、スタッフの方たちが作ろうとしているものが答え。

TOPICS

ランキング

ジャンル