top_line

窪田正孝演じる裕一、作曲の煮詰まりで苛立ちを隠せず…『エール』第8週

テレビドガッチ


窪田正孝が主演、二階堂ふみがヒロインを務める『連続テレビ小説 エール』(NHK総合、毎週月〜土曜8:00〜)の第8週「紺碧(ぺき)の空」が、5月18日から放送される。

連続テレビ小説第102作目となる本作は、昭和という激動の時代に、人々の心に寄り添う曲の数々を生み出した作曲家・古山裕一(窪田)とその妻・関内音(二階堂)の物語を描く。

裕一の幼なじみの佐藤久志(山崎育三郎)の入れ知恵で、古山家に、早稲田大学応援部の団長・田中隆(三浦貴大)たちが押しかけてくる。野球で慶応大学に勝つための新しい応援歌の作曲を、裕一にしてほしいという依頼だった。

引き受けたもののなかなか曲が書けずに煮詰まり、周りの人間にあれこれ言われて苛立つ裕一。音は書き置きを残して、実家の豊橋に帰ってしまう。早慶戦の試合が迫る中、音は裕一が作曲するためのヒントを求めて田中を訪ねる。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル