top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

“ミランダカーは大したことない”発言で話題!韓国人モデルが秘話を暴露

韓流大好き

先日、韓国のモデル ハン・ヘジンがバラエティ番組『ハッピートゥゲザー3』に出演し、ミランダ・カーとの秘話を公開した。

ハン・ヘジンは、177cmの長身で、韓国でトップクラスのスタイルを誇るモデル。彼女は、韓国人で初めて海外ブランドG社のファッションショーに立った世界的トップモデルで、当時唯一のアジア人モデルとして脚光を浴びた。



これについてハン・ヘジンは、「本当は海外進出が嫌だった」という意外な答えを述べて出演者を驚かせた。「当時、韓国でも多くの仕事をしていたので、(海外進出に)欲がなかった。海外進出したら遊べないから」と正直に告白して笑いを誘った。

さらにこの日、ハン・ヘジンは2006年のニューヨークコレクションの際に、舞台裏でミランダ・カーと知り合ったことを明かした。ハン・ヘジンは「ミランダ・カーは同い年だが、その当時は“あいつ”も私と全く同じ立場だった」と、世界的スターのミランダ・カーを“あいつ”と呼んで、再び出演者を驚かせた。

ハン・ヘジンの躊躇ない発言にMCの目が丸くなると、ハン・ヘジンは平然とした表情で「あの頃、あいつは全然大したことなかった」と手を横に振り、現場を爆笑させた。

また、当時ハン・ヘジンがランウェイで着用する衣装を、ミランダ・カーの愛犬が噛みちぎったことがあると暴露。

ハン・ヘジンは「ミランダ・カーが愛犬をこっそりバッグに入れて連れてきた。頭がおかしいんじゃないかと思った」と打ち明けた。

愛犬を可愛がるミランダ・カーに結局何も言えなかったと話したが、その後、ミランダ・カーがハン・ヘジンに謝罪したという。ハン・ヘジンは「かなり困惑したがそのまま着て出て行った」と当時を振り返った。

(c)STARNEWS

TOPICS

ランキング

ジャンル