top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

ヒゲダンの新曲「パラボラ」の歌詞を読み解く。不安と期待で溢れる新生活にエールを!

UtaTen

ヒゲダンの新曲「パラボラ」の歌詞を読み解く。不安と期待で溢れる新生活にエールを!

新生活を迎えた人へ




春になると、様々な門出があるもの。

新しい学年で新学期を迎えたり、学校を卒業して新社会人になったり。

人生のステージが進むのは喜ばしいことですが、それと同じくらい不安も付きまといますよね。

そんな新生活に揺れ動く気持ちにエールを送る応援ソングが、大人気バンド『Official髭男dism』から届きました。

タイトルは、『パラボラ』。

聞きなれない方もいるかと思いますが、パラボラは「放物線」を表す単語です。

一体どのような意味が込められているのか、早速歌詞を見てみましょう。



まず、楽曲の冒頭では新生活を迎えた様子が歌われています。

「ダンボールだらけ」というフレーズから、引っ越しをしたことがわかりますね。

恐らくガラリと環境が変わったのでしょう。

続く歌詞では、期待と不安に揺らぐ心が表現されています。




これからの生活に対するドキドキを、新しいノートに一文字目を描くときのドキドキに例えています。

なんともヒゲダンらしく、センス溢れるフレーズですよね。

「理想」のその先へ・・・!




こちらはサビ冒頭のフレーズ。

「一歩ずつ前に歩き出した」ではなく、「たがいちがいに歩き出した」という表現がなんとも粋ですよね。

ただ前にまっすぐ進むのではなく、色々な経験をして成長していく様子がイメージできます。




「靴底をすり減らして」というフレーズからは、様々な苦労をする様子が伺えますね。

でも、その苦労が理想の自分を超える新たな自分を作り出すようです。

どんな経験も無駄にはならないということですね。

ちなみにこのフレーズ、タイトルの「パラボラ=放物線」を表現しているのかもしれません。

注目して欲しいのは、「図形」や「来た道筋」という意味を持つ「軌跡」という単語。

未来の話をしているのに、なんだか話の流れに合いませんよね。

しかしこの「軌跡」が「放物線の軌跡」を表していると考えると、意味が通るのです。

まず、放物線の軌跡とは数学では「y=ax2」のグラフを表します。

頂点がゼロで上に向かって開いたグラフのことです。

このグラフは横軸をプラスの方に進めると、一度値がゼロになるもののまた急に値が増えますよね。

つまりこの部分の歌詞は、「2倍ではなく2乗くらいの勢いの成長を見せるよ」という意味なのではないでしょうか。

数学が苦手な方にはやや難しいかもしれませんね。

ぜひグラフを調べて、もう一度歌詞をチェックしてみてください。

「君」は一体誰のこと?




2番のサビでは「君」という謎の人物が登場します。



まずはサビ冒頭のフレーズ。これは一体何を表しているのでしょうか?

続く歌詞を読み解いていきましょう。



このフレーズを元に考えると、恐らく「鼻歌」は誰かからのメッセージ。

後半の部分から推測すると「夢」を表していると思われます。

そして「誰か」や「君」が表すのは、「過去の自分」。

つまりここで表現されているのは、過去の自分が抱いた夢を引き継いだ今の自分の決意なのではないでしょうか。

昔抱いた夢は、ずっと自分の心の中にあった。新生活を迎えたいま、ようやくその夢に向かって歩き出す。

そんな姿や気持ちを、過去の自分との鼻歌のやり取りで表現しているようですね。

「ずっと思い続けてきた夢に向かって歩き出す」と単純に表現しないのがやはり素敵です。

▲「カルピスウォーター」 CM 「春のドキドキ」編 15秒 永野芽郁

ちなみに、この楽曲は『カルピスウォーター』のCMソングとしても起用されています。

CMのテーマは新社会人と高校生。まさしく楽曲にふさわしい内容ですので、ぜひチェックしてみてくださいね。


TEXT ゆとりーな

TOPICS

ランキング(音楽)

ジャンル