top_line

原油を買えばお金がもらえる…コロナ禍の非常事態にSNS歓喜

SmartFLASH

テキサスの油田(写真:新華社/アフロ)

 

 ニューヨーク市場で、原油価格が史上初めてマイナスをつけ、話題となった。

 

 原油は、西テキサスで産出されるWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)の価格が世界的な指標となっているのだが、期限の迫った5月物のWTIが、1バレル(約159リットル)あたりマイナス37.63ドルをつけた。300%ほどの下落で、簡単に言えば、「原油を買えばお金がもらえる」状態だ。

 

 

 3月、産油国同士でおこなわれた減産交渉が決裂し、不満を持ったサウジアラビアが増産を発表。今月になってようやく1日970万バレルの減産が決まったが、開始は5月1日から。いまは、市場に原油がだぶついている状態だ。

 

 5月物は、4月21日(火曜日)までに持ち高を処分しないと、現物決済で原油が受け渡される。新型コロナの外出規制で石油の需要が激減し、石油タンクの容量がいっぱい。どこも貯蔵する余裕はない。タンクがなければタンカーを用意するなど、大規模な対策が必要なため、前日の月曜日は朝から価格が暴落した。

 

 6月物、7月物は1バレルあたり20ドルほどの値段がついているので、うまくやり取りすれば、金利負担などを差し引いても利益が出せる状況にあるが、それでも購入者は現れず、叩き売りとなった。取引の中心が6月物へ移るなか、5月物は市場参加者が少なく、値動きが極端になりやすかったのも一因だ。

 

 アメリカのSNSは朝からこの話題で賑わった。

 

「2020年は1バレルの石油より1ロールのトイレットペーパーの方が貴重である」
「石油がコーラより安い」
「今度の政府からの支援金はバレル缶80個だ」
 

 人気アニメ『ザ・シンプソンズ』では、ガソリンを入れるとメーター価格がゼロになるシーンがあるのだが、これをSNSに貼り付け、「予言が当たった!」という投稿も多数見られた。

 

 ちなみに、原油価格がマイナスになっても、ガソリンスタンドが価格を下げるかどうかは別の話で、残念ながらシンプソンズのようにはいかない。

 

 トランプ大統領はこの騒ぎを受け、「今が買い」だとし、政府の備蓄タンクを一杯にし、さらにサウジアラビアからの輸入を禁止したいと表明している。
 コロナ禍は、意外なところにも影響を与えるのだ。(取材・文/白戸京子)

TOPICS

ジャンル