【インタビュー】『世界は今日から君のもの』門脇麦「この映画を見て『もうちょっと力を抜いてもいいんじゃないかな』と思ってくれたら」
【インタビュー】『世界は今日から君のもの』門脇麦「この映画を見て『もうちょっと力を抜いてもいいんじゃないかな』と思ってくれたら」
引っ込み思案で他人と関わるのが苦手な女の子・真実は、工場の仕事をクビになり、新たにゲーム会社でアルバイトを始める。これをきっかけに、彼女の世界は少しずつ広がっていくが…。「梅ちゃん先生」(12)、「…

 引っ込み思案で他人と関わるのが苦手な女の子・真実は、工場の仕事をクビになり、新たにゲーム会社でアルバイトを始める。これをきっかけに、彼女の世界は少しずつ広がっていくが…。「梅ちゃん先生」(12)、「結婚できない男」(06)などの人気脚本家・尾崎将也の監督第2作目が7月15日から全国順次公開される。自分の世界に閉じこもりがちな女の子の成長を優しいまなざしで見詰めた物語だ。主演は、尾崎監督が彼女をイメージして脚本を書いたという若手女優・門脇麦。作品ごとに違った表情を見せる演技の秘訣(ひけつ)や、この作品に込めた思いを聞いた。

-主人公の真実は、引きこもりだった過去を持つ女の子です。演じる上で最も大事にしたことはなんでしょう。

 暗い子にしないということです。“引きこもり”というワードがあると、“暗い子”と思い込みがちですが、真実ちゃんは好きなものがはっきりしている子です。それはとてもすてきなことなので、おとなしいけど暗い子には見えないように、ものすごく気を付けました。

-引きこもりについては調べましたか。

 特にはしていません。真実ちゃんがなぜ引きこもっていたのかというと、好きなものが家の中に十分にあって、外に出る必要がなかったからです。そこだけ分かっていればよかったので、“引きこもり”というワードに縛られず、家の中で好きなことをしている子、と捉えました。

-作品ごとに全く違った表情を見せる門脇さんの演技は、この作品も含めていつも見事です。役づくりについてお聞かせください。また、演じるに当たって、台本は熟読しますか。

 台本はいつも1、2回ぐらいしか読みません。あとは、せりふを覚えるために見るぐらい。ただ、ファーストインプレッションは大事にしています。初めて読む時は、全神経を集中させて、匂いまでつかみたいというぐらいの気持ちで取り組みます。その上でどう演じようかと考えますが、私は監督絶対主義者なので、現場で「違う」と言われれば、演技を変えることに抵抗はありません。

(更新日:2017年7月17日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(映画)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME