名脇役の遠藤憲一と松重豊がCMランキングで躍進し続けるワケ
名脇役の遠藤憲一と松重豊がCMランキングで躍進し続けるワケ
テレビ放送の調査・測定を行うニホンモニターが7月11日、「2017上半期タレントCM起用社数ランキング」を発表した。

テレビ放送の調査・測定を行うニホンモニターが7月11日、「2017上半期タレントCM起用社数ランキング」を発表した。

その結果、男性部門では10社に出演する嵐の相葉雅紀(34)とプロ手プロテニスプレイヤーの錦織圭(27)が、女性部門は14社に出演する女優の広瀬すず(19)が、ぞれぞれ1位を獲得した。

「男性では3位の8社に出演するミュージシャンのDAIGO(39)、4位の7社に出演する菅田将暉(24)、山崎賢人(22)、女性では4位の8社に出演する吉岡里帆(24)、5位の7社に出演する山本美月(25)ら若手の売れっ子が続々ランクイン。下半期は本数を伸ばしそうです」(芸能プロ関係者)

そんななか、男性部門で嵐の松本潤(33)と並ぶ9社で2位に遠藤憲一(56)、菅田らと並ぶ4位に松重豊(54)が入った。

昨年末に発表された「年間CMランキング」でも遠藤が11社で2位、松重が8社で5位にランクインしている。遠藤と松重といえば、業界では幅広く認知された名脇役。CMへの出演は商品や社名よりも起用された著名人が“主役”になるが、ここに来て2人のCMオファーが増えたのはなぜなのか?

「まず当然ながら、主役クラスの俳優陣に比べてギャラが安い。またイケメン俳優のように事務所からいろいろ“制約”されることもなく、本人たちの意思を尊重できる。そのため通らないと思うような要求でも、本人たちがしっかりこなしてくれる。ともに下積みが長いのでスタッフへの気配りも万全。また一緒に仕事をしたくなる人たちだと評判ですよ」(CM製作会社スタッフ)

2人が昨年以上に本数を増やせるかが注目される。

(更新日:2017年7月14日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(芸能)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME