この夏カップルで行きたい【高知】人気デートスポット20選!定番から穴場まで
この夏カップルで行きたい【高知】人気デートスポット20選!定番から穴場まで
日本の夏がやってきた!「デートに誘いたいけど、暑いところはちょっと…」
夏に困るのがデートスポットですよね。

日本の夏がやってきた!「デートに誘いたいけど、暑いところはちょっと…」
夏に困るのがデートスポットですよね。

そこで今回は、高知県内で楽しめる、涼しいおでかけデートスポットをご紹介!
室内のスポットを中心に、カップルにおすすめなスポットをピックアップしました。

高知が生んだスーパーヒーロー坂本龍馬の博物館や、桂浜に住む海の生き物に出会える水族館、
マイナスイオンたっぷりの滝や遊覧船など・・・1日たっぷり楽しめますよ♪

記事配信:じゃらんニュース

※紹介施設はじゃらんnet観光ガイドから抜粋しました
※メイン写真はイメージです

高知・須崎・南国エリア

桂浜水族館


出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_39201cc3320040673/photo/

南四国にしか生息しない、スズキ科のアカメの展示など、館内では約250種6000尾の魚類を観賞できるほか、イルカやアシカショーも行っている。

\口コミ ピックアップ/
小さな水族館でアットホーム的な感じです。カメに餌やり体験が出来ます。激しい力で食いついてきて怖いけど楽しかった♪ペンギン団地にはペンギンが並んでて可愛かった♪小さな水族館だけど充分楽しめます!
(行った時期:2016年9月18日)

敷地も小さくこじんまりとしていますが、その分ゆっくりと回れてイルカやアシカ、トドの芸がすぐ近くで見られます。
カワウソの餌やりもなかなか良かったです。
子供だけでなく大人のカップルにもお勧めです。
(行った時期:2013年12月)

桂浜水族館
住所/高知県高知市浦戸778

高知市立龍馬の生まれたまち記念館


出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_39201ae3292014478/photo/

龍馬が土佐藩を脱藩するまでの少年時代、青年時代のエピソードを映像や音声で紹介。CGを使って龍馬を体験するコーナーを楽しめます。

\口コミ ピックアップ/
1Fと2Fの一部は龍馬の常設展示ですが、2Fの一部では季節の特別展が開催されます。今回は、「薩長同盟150年 歴史を動かした人々」が行われていました。
また、土佐っ歩の龍馬誕生コースで、記念館周辺のゆかりの場所を散策してきました。ガイドさんが詳しく説明してくれるので、このガイドを受けてから、龍馬ゆかりの場所を訪れるのが良いですよ。
(行った時期:2016年5月)

展示館では当時のまちの様子や歴史に龍馬誕生から脱藩まで少年時代を中心に映像や模型などでわかりやすく紹介しています。周辺には龍馬ゆかりの史跡もあり町全体で龍馬を感じることができちゃいます。
(行った時期:2015年9月21日)

高知市立龍馬の生まれたまち記念館
住所/高知県高知市上町2-6-33

龍河洞博物館


出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_39323cc3290032835/photo/

地球や龍河洞の造られた過程などの歴史、鍾乳石ができる仕組み、洞内外の生物や植物の生態研究、2000年前の古代人の生活の様子などさまざまな分野の資料研究物の展示をしています。

\口コミ ピックアップ/
龍河洞の中を歩きました。静かで、神秘的で、普段の日常では味わえない世界でした。夏に行きましたが、洞窟の中は涼しかったです。坂を歩くので、運動にもなり良かったです。
(行った時期:2015年8月)

龍河洞を出て帰り道にあり、無料でありましたのであまり期待はしていなかったですが、龍河洞についての歴史や動物などの説明もあり、良かったです。龍河洞をより楽しめますので是非入館して下さい。
(行った時期:2016年5月21日)

龍河洞博物館
住所/高知県香美市土佐山田町逆川1424

高知県立美術館


出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_39201cc3300034047/photo/

シャガールの絵画を中心に、現代美術、郷土作家の作品等、幅広いジャンルを楽しめる。また時期により特別展等を開催している。

\口コミ ピックアップ/
オシャレな外観&落ち着いた館内で、ゆっくり作品を楽しむことができました。
展示品も多くあり、見応えも十分です。
(行った時期:2017年5月)

常設以外にもいろいろやってる美術館。みたい特別展示見に行くのがいいです。水が流れて雰囲気あります。駐車場も広くいです。
(行った時期:2014年11月)

高知県立美術館
住所/高知県高知市高須353-2

高知よさこい情報交流館


出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_39201ae3292080625/photo/

よさこい祭りの歴史が分かるパネルや衣装を展示。また、よさこい祭りの歴史や魅力を150インチの大スクリーンで紹介するよさこいシアターや鳴子を持ってのよさこいを体験できるコーナーや鳴子作りもでき、気軽によさこいを体感できるようになっている。

\口コミ ピックアップ/
よさこい祭りの色々なことを知ることができる場所でした。とても華やかで面白い場所でした。衣装などの展示や歴代のポスターなどとても興味深いものが多くありました
(行った時期:2016年12月1日)

よさこい祭りの色々なことを知ることができる場所でした。とても華やかで面白い場所でした。衣装などの展示や歴代のポスターなどとても興味深いものが多くありました
(行った時期:2016年12月1日)

高知よさこい情報交流館
住所/高知県高知市はりまや町1丁目10-1

四国自動車博物館


出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_39324cc3292012598/photo/

アバルト・ポルシェ・フェラーリなど希少性の高い車がズラリ展示されている。

\口コミ ピックアップ/
たくさんの自動車が展示してあり、車好きの主人と息子は大興奮!!
懐かしい車もあったり、今では見る事ができない車の数々に見応えたっぷりでした。
(行った時期:2016年9月)

展示台数は少な目ですが、かなり希少価値の高い車が展示されています。
個人的には大好きなFord RS200が見れて大満足です。
(行った時期:2016年9月29日)

四国自動車博物館
住所/高知県香南市野市町大谷896

轟の滝


出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_39326ab2040139203/photo/

落差3段82mの豪壮な滝。青く輝く滝壺は魔の深淵となって太古の幽玄をたたえ、玉織姫にまつわる平家伝説の哀れな話が伝わる。 春の桜、夏の深緑、秋の紅葉の景勝地としてにぎわう。県の天然記念物および名勝指定、また「日本の滝100選」。

\口コミ ピックアップ/
轟の滝では迫力満点の滝を見ることができます。
周りはたくさんの自然に囲まれています。
観光にもおすすめです。
(行った時期:2016年9月)

3段に渡って流れ落ちる滝は日本的情緒があって雄々しくもあり美しくもあり、おもわず見入ってしまいました。6月でも周囲はやや涼しく気持ちよかったです。
(行った時期:2015年6月)

轟の滝
住所/高知県香美市香北町猪野々柚ノ木

横山隆一記念まんが館


出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_39201cc3292006258/photo/

高知市出身の漫画家横山隆一さんを記念したまんが館。代表作「フクちゃん」と一緒に遊べるコーナーやアトリエの再現、珍コレクションなどユーモアあふれる隆一ワールドが楽しめます。

\口コミ ピックアップ/
とさ電はりまや橋のほど近く、高知市文化プラザかるぽーとの中にある。漫画家横山隆一を中心に、同じく高知出身の青柳祐介や西原理恵子など多数の作家の作品や資料が展示されている。まんがライブラリーもあり、老若男女問わず楽しめる。
(行った時期:2015年5月)

高知県出身の漫画家さんの業績が綴られています!
代表作がふくちゃん、昭和のレトロな空気感や路地の風景が懐かしさを覚えます。
(行った時期:2016年3月)

横山隆一記念まんが館
住所/高知県高知市九反田2-1

高知市立自由民権記念館


出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_39201cc3290032392/photo/

自由民権運動の高まりの中で生まれた高知市が、その心をいつまでも伝えていこうと、市制100周年を記念して建設。常設展では、立志社の日本憲法見込案や、板垣退助が岐阜で襲われた時の短刀など貴重な資料を展示。土佐の運動を中心に自由民権運動の歩みを文書、文献、写真、風刺画、模型、映像などを使って紹介している。また、自由ギャラリーやアトリウムは演奏会や映画上映会などに広く活用されている。

\口コミ ピックアップ/
高知県の自由民権運動を中心とする資料などが展示されています。
植木枝盛が憲法草案を執筆した書斎や板垣退助が襲われた時の短剣もありました。
ビデオ上映もありより理解することができました。
(行った時期:2016年8月5日)

高知の維新を感じれる場所です。じっくりゆっくり見て勉強をしてみは。ソファーや休憩スペースが充実しています。静かに過ごせるおすすめスポットです。
(行った時期:2013年8月)

高知市立自由民権記念館
住所/高知県高知市桟橋通4-14-3

高知県立文学館


出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_39201cc3290032797/photo/

紀貫之から宮尾登美子まで県内ゆかりの作家約40名を展示。寺田寅彦記念室もあります。

\口コミ ピックアップ/
高知城のすぐそばにある、重厚な建物です。
紀貫之の土佐日記から、現代の作家に至るまで、高知にゆかりのある作家について展示してあります。
私が特に興味深かったのは、先年亡くなられた宮尾登美子さんの展示。高知市内の地図があって、そこに小説の舞台が記されてありました。
お城見学の帰りにぶらっと立ち寄っても良い場所ですが、宮尾さんのファンの方は一度は訪れた方が良いと思います。また、企画展も見ごたえがありました。
(行った時期:2016年9月8日)

高知に縁のある作家さん達の作品が多く展示されていて、また閲覧コーナーで一部の作品を読むことができたのがとても良かったです。
(行った時期:2016年9月)

高知県立文学館
住所/高知県高知市丸ノ内1-1-20

ひろめ市場


出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000167027/photo/

4000平米の敷地を7つのゾーンに分け、土佐の味覚やおみやげの屋台巡りを楽しめる。定番みやげを探すなら、龍馬通りの芋ケンピや青ノリ、鮎の酒盗(しゅとう)などが珍しくてオススメ。歩き疲れたら、お城下広場でのんびり食事したりビールを飲んだりして休憩しよう。無国籍な味が揃う自由広場も楽しい。
時代、国籍を問わないおいしいものが勢揃い!

\口コミ ピックアップ/
好きな店で好きな食べ物を買い、空いているテーブルに持ち寄って自由に飲み食いできる、高知らしい場所です。昼間でも薄暗く、居酒屋のような雰囲気もあれば、インドカレーの店もあり、選ぶのも楽しいです。
(行った時期:2015年3月)

市街地エリアにあります。
車で行きましたが、2階が丸々駐車場になっていて(有料)、また近隣にも駐車場が多いため、不便はしません。
中は大きくお土産屋(生鮮食品を含む)と飲食店に分かれており、お土産に関しては高知のあちこちでみた商品が集まっていました。
値段も他より安かったりなど、お土産はここでまとめ買いするのもいいかもしれません。
飲食では、定食系から軽食まで様々で種類も豊富。
色々とちょっとづつつまんでいるとお腹一杯になります。
(行った時期:2014年10月21日)

ひろめ市場
住所/高知県高知市帯屋町2-3-1

安芸・室戸エリア

北川村「モネの庭」マルモッタン


出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_39305ah2140153516/photo/

フランス・ジヴェルニーの本家「モネの庭」は印象派画家クロード・モネが造った庭として有名です。モネは自らの作品を描くためのモチーフとして「モネの庭」を造りました。モネは光と色彩を強く意識した作品を数々キャンパスに表現しています。そうしたモネの想いを高知の自然の中で再現したのが北川村「モネの庭」マルモッタンです。またフランスより正式に名称をいただいた世界で唯一の「モネの庭」です。睡蓮を始め季節には池の水面にバラのアーチが映り太鼓橋の藤棚が見事な水の庭。画家のパレットのようにさまざまな色彩で彩られる花の庭。ヤシ・ソテツなどの植栽による地中海イメージで造り上げた光の庭。に加えフォトスポットとしても人気の高い小庭園も新たに仲間入りしています。

\口コミ ピックアップ/
季節によってまた違った景色が楽しめ、ゆったりとした時間が流れているのでデートなどで行くといいと思います。レストランやお土産もあり、また庭に植えてあるのと同じ花も売っているので、家の庭に飾るために買って帰ることも可能。途中でアスレチックや滑り台もあるので、お子さん連れでも子供さんが退屈しなくて良いと思います。
(行った時期:2014年4月4日)

あのモネの庭の風景が広がっています。
高知市内からは少し離れていますが、興味がある方は訪れる価値は十分にあると思います。
しっかりと丁寧に管理されています。
(行った時期:2016年4月)

北川村「モネの庭」マルモッタン
住所/高知県安芸郡北川村野友甲1100番地

室戸ドルフィンセンター


出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_39202cc3362044869/photo/

「人とイルカが触れ合い、コミュニケーションをとりながら一緒に楽しむこと」を目標に、NPO法人室戸ドルフィンプロジェクトが運営を行う施設です。
ドルフィンタッチやトレーナー体験などのほか、イルカと一緒に泳ぐこともできます。
イルカとの触れ合いプログラムを行うと供に 発達障害児等へのイルカ介在活動プログラムの提供などにも取り組んでいます。

\口コミ ピックアップ/
ドルフィンタッチに参加しました。係りの方たちにすごく丁寧にご説明頂き、イルカについて理解が深まりました。ドルフィンタッチの際には、イルカの背中、おなか、ヒレなどを触ることが出来、触るだけでなぜかしら心が癒されました。プールには、2頭のイルカがおり、いたずら好きで油断をすると水をかけてきます。待っている間にまんまと水をかけられましたが、それも良い思い出になりました。
(行った時期:2015年12月27日)

水族館でしか見たことないイルカを目の前で見れるのは大人のアタシでも興奮しました。
ちょうど餌やりの時間だったみたいで、芸を見せてもらったり楽しかったです。
見学だけだったけどとても楽しめました。
(行った時期:2016年9月)

室戸ドルフィンセンター
住所/高知県室戸市室戸岬町字鯨浜6810-162

不動の滝


出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_39305ab2040121315/photo/

水谷渓谷にある3つの滝からなる名瀑。入口となる水谷口から滝の轟音が聞こえ、遊歩道の三の滝、二の滝、一の滝へと続く。 お不動様が祭られていて、滝壺の壁面には磨崖仏が彫られている。 ※遊歩道は滑りやすい箇所があるためお足下にご注意ください。

\口コミ ピックアップ/
不動の滝ではきれいな滝を見ることができます。
水の流れは激しく迫力満点です。
夏場におすすめのスポットです。
(行った時期:2016年8月)

複数の滝があるのでいろいろな風景を見ることが出来ます。どの滝も水量があるので直接滝つぼへ落ちるものからなだらかに岩に沿って落ちる滝までさまざまです。
(行った時期:2013年6月)

不動の滝
住所/高知県安芸郡北川村小島

足摺・四万十エリア

白山洞門


出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_39209ab2070007645/photo/

花崗岩の海蝕洞門としては日本一の大きさを誇り、昭和26年に高知県の天然記念物の指定を受けている。遊歩道ですぐ近くまで行くことができ、研究にも観光にも恵まれた洞門。

\口コミ ピックアップ/
急な階段を下りて、すぐ近くまで近づけます。ハートの形になっており、天候も良く、水がキラキラしてました。
近くに足湯もあり、上から見る景色も素敵でした。
(行った時期:2015年5月)

白山神社の下にある洞門で、高さ約16m、幅17m、奥行き15mと海食洞としては日本最大級。
遊歩道から急な階段を下ってすぐ近くまで行くことができます。
豪快な波音が響く神秘スポットで、洞穴の向こうには太平洋が見渡せます。
洞門の上には祠があり、白山神社の御神体と言われています。
(行った時期:2016年7月)

白山洞門
住所/高知県土佐清水市足摺岬

足摺海底館


出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_39209ae2190022772/photo/

竜串海岸の西側、海の上にすっくと立つ赤と白の建物。普段着のまま、手軽に竜串の海中を見ることができる。サンゴ礁が連なる中を、色とりどりの魚が泳ぐ様は、まるで竜宮城を訪れたような錯覚におちいってしまう。

\口コミ ピックアップ/
カップル子連れにオススメ
大自然をそのまま堪能できる水族館。海底にいくと、自然に生き抜く海の生き物を眺めることができ、普通の水族館では味わえない元気すぎる生物の観察ができるので、飽きないでずっと眺めることができます。
(行った時期:2016年7月)

回り階段を下りて海底の窓へ行くと、そこには小さくて可愛い魚、大きくてちょっとビックリの魚、色が美しく熱帯魚のように綺麗な魚、色んなおさかなが目の前を左から右へ、右から左へと悠々と泳いでいます。子供にとっては本物の海底の風景にテンションが上がります。
波の荒い日は北側の窓は波が跳ね返ったときの泡で視界がよくありませんが、南側の窓はよく見えます。しばし時間を忘れて、おさかなに見入ってしまいました。
(行った時期:2014年4月26日)

足摺海底館
住所/高知県土佐清水市三崎4124-1

四万十川観光遊覧船


出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000139039/photo/

清流を間近に眺めながら、のんびり旅情気分にひたろう。観光遊覧船は中村市内に8社あり、定期船は1時間おきに運行。沈下橋や伝統漁法である投網漁や柴漬漁など、四万十川の風物詩を楽しめる。発着所や遊覧ルート、料金はそれぞれ異なるので、必ず問い合わせを。川の幸を盛り込んだ食事を味わえる船もアリ。
風情ある屋形船で四万十川をのんびり遊覧

\口コミ ピックアップ/
船頭さんのお話しを聞きながらのんびりと四万十川の清流が楽しめました。結構お値段はしましたが橋の上から見る川とはまた違った楽しみ方が出来て満足でした♪ 船によっては網を投げたりもさせていただけましたよ。
(行った時期:2012年5月)

流れがゆったりとした川なのでのんびりと四万十の風景を堪能することができます。
船内で食べたお弁当も四万十の素材がふんだんに使われていてとてもおいしかったです。
(行った時期:2014年8月)

四万十川観光遊覧船
住所/高知県中村市駅前町6-16

竜串グラスボート


出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_guide000000161121/photo/

竜串海中公園観光に欠かせないのがグラスボート。船底のガラス越しに珊瑚礁や熱帯魚の海を眺めながら、見残し周辺を航行する。乗り場は竜串漁港(竜串観光汽船)と長島桟橋(たつくし海中観光)の2カ所。運行時間は不定期で、約30分間隔で出航している。

\口コミ ピックアップ/
グラスボードの船は海底を眺めることができ、そよ風を受けて珊瑚を眺めるのはがとても気持ちがよかった。
その後、美残海岸で奇岩を見ながら海辺の岩の上を散歩できます。
グラスボードと海岸散歩両方で1時間30分くらいの時間を楽しく過ごせました。
足摺方面ではおすすめです。
(行った時期:2016年3月11日)

船の底がガラス?アクリル?透明になっていてきれいな魚たちがたくさん見ることができます。竜串はきれいな魚たちがたくさんいるので、ぜひ体験してみてください^^
(行った時期:2015年7月)

竜串グラスボート
住所/高知県土佐清水市三崎4135-2

足摺海洋館


出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_39209cc3290032114/photo/

海洋館の呼び物は、直径9m・深さ6m・水量380トンの大水槽である。黒潮にあらわれる土佐の海をそのまま表現した水槽の中では、サンゴ礁にたわむれるコーラルフィッシュや、上・中・下層を回遊するサメ・ブリ・タイ・カンパチ・ヒラマサなど3,000匹におよぶさまざまな魚の生態が楽しめる。また、館内いたるところに置かれた小水槽には、世界の珍魚や色あざやかな美しい熱帯魚などが飼育されており、見る人の心をなごませてくれる。

\口コミ ピックアップ/
こちらの海洋館ではさまざまな海の生き物を見ることができます。
巨大水槽で泳いでいる魚は迫力満点で見ごたえがあります。
(行った時期:2016年7月)

足摺観光の際に最後に立寄りました。小さな水族館でしたが、巨大な水槽がありました。観光で疲れていたので、ボ~と巨大水槽眺めていると、とても癒されました。
(行った時期:2013年5月)

足摺海洋館
住所/高知県土佐清水市三崎4032

海のギャラリー


出典:http://www.jalan.net/kankou/spt_39209cc3290030669/photo/

貝の構造を模した海のギャラリーには、土佐沖を中心に収集した3,000種5万点の貝が展示されており、なかでも「テラマチタカラ」「ニッポンタカラ」「オトメタカラ」の日本三宝といわれる学術的にも貴重な貝をはじめ、珍しい貝、色彩の鮮かな貝でいろどられている。

\口コミ ピックアップ/
海のギャラリーでは素敵な作品を見ることができます。
見ごたえがあります。
建物もきれいで過ごしやすかったです。
(行った時期:2016年8月)

モダンな建物の展示館です。
有名な建築家の設計だそうです。
世界の珍しい貝がたくさん展示されています。2階に展示されているガラスケースの貝がとてもきれいでした。
(行った時期:2016年8月)

海のギャラリー
住所/高知県土佐清水市竜串23-8

※この記事は2017年6月時点での情報です
※掲載されている情報や写真については最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください

(更新日:2017年7月16日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(おでかけ)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME