映画「銀魂」LINEスタンプが登場 実写キャスト陣が集結
映画「銀魂」LINEスタンプが登場 実写キャスト陣が集結
実写映画『銀魂』のLINEスタンプの発売が決定した。坂田銀時役の小栗旬らメインキャスト陣が集結しており、個性的なキャラクターたちの特徴を活かしたスタンプとなっている。

映画「銀魂」LINEスタンプが登場 実写キャスト陣が集結

実写映画『銀魂』のLINEスタンプの発売が決定した。坂田銀時役の小栗旬らメインキャスト陣が集結しており、個性的なキャラクターたちの特徴を活かしたスタンプとなっている。

今回のLINEスタンプは作中のサブタイトルや名ゼリフなども数多く含まれている。主人公・坂田銀時役の小栗旬による「天然パーマに悪い奴はいない」を筆頭に、神楽役の橋本環奈による「だまらっしゃーい!」「これ絶対怒られるアル」「少年の心を忘れない男がモテるんやで」、沖田総悟役の吉沢亮による「勘弁してくだせぇ」、武市変平太役の佐藤二朗による「その痛みには興味がある」など多彩なラインナップである。
さらにマスコットキャラクターのエリザベスやジャスタウェイも登場。志村新八のメガネは複数セレクトされており、いずれも映画から飛び出したような完成度となっている。アニメ版のスタンプと一緒に使えば楽しさも倍増するだろう。日常生活を盛り上げるスタンプに要注目だ。

『銀魂』は空知英秋が「週刊少年ジャンプ」にて連載中の人気コメディが原作。単行本の累計発行部数は5100万部を突破するヒット作だ。実写映画版の監督は「勇者ヨシヒコ」シリーズの福田雄一が担当。SFと時代劇がミックスされた世界観をどのように実写化するのか、その手腕にファンの熱視線が注がれている。
本作は黒船ではなく宇宙からやってきた天人(あまんと)によって開国したパラレルワールドの江戸末期が舞台。便利屋・万事屋銀ちゃんを営む銀時役には小栗旬を起用。メガネ男子の志村新八役に菅田将暉、宇宙最強の夜兎族の少女・神楽役に橋本環奈と人気俳優陣が揃った。

映画『銀魂』
7月14日全国ロードショー

(c)空知英秋/集英社 ©2017 映画「銀魂」製作委員会
(更新日:2017年7月14日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(映画)

dマーケットの「話題のドラマ・映画特集」

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME