全SFフィギュアファン感涙!公開から35年、待ちに待った夢が叶う日が…映画『ブレードランナー』祝フィギュア化!
全SFフィギュアファン感涙!公開から35年、待ちに待った夢が叶う日が…映画『ブレードランナー』祝フィギュア化!
映画『ブレードランナー2049』公式ライセンスでの初立体化をネカ社が飾る!
ネカ社とは?
2002年から本格的にフィギュアファンに向けて商品のリリースを開始し、映画・ドラマ系のフィギュアを中心にゲームキャラクター、アメコミキャラクター、ミュージシャンなど幅広いラインナップを展開するアメリカのメーカー。
コレクターすら唸るマニアックな商品セレクトも魅力のひとつで、現在世界中にファンを増やしている注目のメーカー。
————————————-
映画『ブレードランナー』とは?
『エイリアン』で監督を務めた巨匠リドリー・スコットにより、独特の世界観で描かれたSF作品。

日本テイストも取り入れられた風変りな街並みや、他の映画では見た事の無いガジェットたち、聞きなれないレプリカントという言葉など、82年の公開当初にはまさに”早すぎた作品”。
しかし時代が追いつくにつれ、徐々にその作品の魅力は幅広い世代に受け入れられ、現在ではSF映画の金字塔と呼ばれるほどの伝説の作品。
計5本と言われるバージョン違いが存在し、未だ語られていない謎についてファン同士熱い議論が交わされるほどに多くのファンを魅了しております。

そして!
今年10月、1作目の舞台となった2019年から30年後の2049年を舞台に全SFファン待望となる続編『ブレードランナー2049』が公開から35年の時を経てスクリーンに帰ってきます。
続編には1作目の主人公リック・デッカード(ハリソン・フォード)も30年後の姿で登場し、オリジナル作品ファンからも注目が集まります。
————————————-
ここがスゴイぞ!ブレランフィギュア!
現在ではSF映画史に欠かす事が出来ない『ブレードランナー』ですが、実は公式ライセンスで立体化された商品はほとんど無く、公開当初から唯一立体化されたのは劇中に登場するスピナー(飛行車)数種類のみで、登場人物が立体化される事はありませんでした。
そして今回、満を持して続編『ブレードランナー2049』の公式ライセンスにて世界中のSFファンを魅了した男、リック・デッカードが遂にフィギュアとなって登場します。そして未だベールに包まれる、今作の主人公Kも今回フィギュアとなって登場します。
新旧の主人公がフィギュアでも共演するまさに夢のコレクション!

商品名:『ブレードランナー 2049/ 7インチ アクションフィギュア シリーズ1: 2種セット』
メーカー名 :ネカ
サイズ :全高約cm
発売時期 :2017年8月
参考価格 :7,560円(税込)/ 7,000円(税抜)
JAN :4589962545867
SF映画史上最高傑作として語り継がれる伝説的作品『ブレードランナー』の待望の続編『ブレードランナー2049』。今回その公式ライセンスをネカが取得。ついに7インチフィギュアシリーズがリリースされます!まさに待望の公式初立体化!ラインナップはハリソン・フォード演じる「リック・デッカード」、そしてライアン・ゴズリング演じる主人公「K」、シリーズの幕開けとしてはこれ以上ない2人。肖像権をクリアして製作された頭部も、7インチフィギュアクラスとは思えないクオリティとなっており、トレーラー映像での2人の邂逅シーンはもちろん、様々なシーンの再現にも期待膨らみます。パッケージはウィンドウボックスタイプを採用。全SFフィギュアファンに贈る、今年最大の注目アイテムです。
伝説となった1982年公開の第1作目『ブレードランナー』の主人公である「リック・デッカード」。演じるハリソン・フォードの肖像権もクリアした激似の頭部は必見。そしてその手には1作目でも多くのファンを魅了した「あのブラスター」が!ファンにとってはこれだけで価値があります!


本作『ブレードランナー2049』の主人公「K」。演じるは、『ドライヴ』『ラ・ラ・ランド』で名を馳せる超人気俳優ライアン・ゴズリング。彼の公式フィギュア化もおそらく初。もちろん肖像権をクリアし造形も申し分なし!こちらのKには『ブレードランナー2049』で初登場となる新型のブラスターが付属。


発売は8月頃を予定しておりますので、ぜひご期待ください。

【ご予約締切】
7月18日(火)

【お取り扱い店舗】
豆魚雷はじめ、全国ホビー専門店、インターネット通販

【お問い合わせ先】
株式会社豆魚雷

http://www.mamegyorai.co.jp
http://www.mamegyorai.co.jp


(更新日:2017年7月12日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(映画)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME