top_line

実は小室ファミリーだった驚きの芸能人って!?

JOOKEY

小室ファミリーといえば、安室奈美恵さんや華原朋美さん、globeなどが思い浮かびますが、他にも意外な芸能人が小室さんの楽曲を歌っていた経験があったりします。そこで今回は、そんな実は小室ファミリーだった意外な芸能人たちをご紹介します。

 

■質問内容

実は小室ファミリーだったと聞いて驚く芸能人はどれですか。3つ以内でお選びください。

 

■調査結果

1位:沢口靖子 44.0%
2位:佐々木主浩 34.0%
3位:宮沢りえ 28.0%
4位:KABA.ちゃん 23.0%
5位:浜田雅功 22.0%
6位:観月ありさ 15.0%
7位:内田有紀 14.0%
8位:安室奈美恵 11.0%
9位:篠原涼子 8.0%
10位:華原朋美 7.0%

●沢口靖子

1位は、朝ドラ「澪つくし」のヒロインで注目を集め、長年主演女優として活躍してきている沢口靖子さん。あまり知られていませんが実は歌手でビューもしており、5枚ほどシングルも出しています。そのうち5作目のシングルで沢口さん主演のドラマ「痛快! ロックンロール通り」の主題歌ともなった「Follow me」は、同時収録している「ひかりの素顔」とともに小室哲哉さんが作曲を手がけています。

 

●佐々木主浩

2位は、「大魔神」の愛称でも知られる元プロ野球選手の佐々木主浩さん。小室さんは、2000年リリースの「break new ground」の作曲・編曲・プロデュースをつとめています。これは、佐々木さんと小室さんが1998年に、当時佐々木さんが投手で活躍していた横浜ベイスターズが優勝したら曲を提供するという約束をした事によるもの。後に横浜ベイスターズが優勝したため、楽曲提供が実現されました。

 

●宮沢りえ

3位は、女優の宮沢りえさん。宮沢さんも1980年代〜1990年代まで歌手としても活動しており、デビューシングル「ドリームラッシュ」をはじめ小室さんが楽曲提供した作品もいくつか存在します。特に知られているのは、2作目のシングル「NO TITLIST」。宮沢さんが主演したドラマ「いつも誰かに恋してるッ」の主題歌にもなっていました。

 

■歌手デビューしていた事さえも意外な芸能人も

同ランキングには、そもそも歌手デビューしていたという事に驚きの芸能人も多いですよね。芸能人の歌声はもちろんのこと、どのような楽曲なのか、もとても気になるところ。聞いてみたいですよね。

 

HORANE調べ 2020年2月 調査対象:10~40代の男女

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル