美女とデートした「さかなクン」プレゼントは魚肉ソーセージ
美女とデートした「さかなクン」プレゼントは魚肉ソーセージ
   7月上旬のとある夜。都内のうどん店で女性が笑顔を向けるその先から特徴ある声が聞こえてきた。「ギョギョ~!」っとお馴染みの大きなリアクションは、あの帽子をかぶっていなくても健在だ。    名物のカ …

 7月上旬のとある夜。都内のうどん店で女性が笑顔を向けるその先から特徴ある声が聞こえてきた。「ギョギョ~!」っとお馴染みの大きなリアクションは、あの帽子をかぶっていなくても健在だ。

 名物のカレーうどんを食べ終えた2人は、声を弾ませながら駅に向かってゆっくりと夜道を歩く。さかなクン(年齢非公表)がしっかりエスコートする女性は、サックス&フルート奏者の小林香織(35)である。

「日本のみならず、台湾、香港、シンガポール、韓国などアジア各国でCDを発売し、現地でコンサートをおこなうなど活躍の場を世界に広げている。実力はもとよりその美貌でも注目を集め、2012年にはタイのサックス協会から『アジアでもっとも美しいサックスプレイヤー』の称号を贈られた。さかなクンは彼女のことを憧れの人だと公言している」(音楽関係者)

 じつはさかなクン、専門の魚類だけでなくサックスをこよなく愛する音楽家の一面もある。中学、高校時代は吹奏楽部に所属しており、本人いわく「水槽がある部活と勘違いして」入部したらしいが、以来、趣味の域を超えた熱の入れようなのだ。

「さかなクンはサックスを演奏するのはもちろん、コレクションするのも大好き。ソプラノサックス、アルトサッ クス、バリトンサックス、バスサックスなど、かなりの種類と数を所有している。海外のヴィンテージものも集めている」(芸能プロ関係者)

 2016年、テレビCМでその腕前を披露して話題になったが、さかなクンと小林をつないだのがこのサックスだ。

「2人の出会いは3年ほど前。プロが試奏し、自分の名前でお墨付きを与えた個体を『選定品』というが、さかなクンが小林の選定品を購入したのがきっかけだ。その後、関係者を通じてさかなクンの目の前で選定したことから、交流が始まった」(前出・音楽関係者)

 話を当日に戻そう。午後9時を過ぎてもまだ蒸し暑かったこの夜だが、カフェに場所を移しても2人の笑顔は絶えない。午後10時、閉店時間となったところで店を後に。名残り惜しそうに互いに持ってきたプレゼントを交換し、この夜はここで解散。それぞれの家路についたのだった。

 ちなみに、さかなクンから小林へのプレゼントは、大手水産会社の魚肉ソーセージだった。さすが、徹底している。

 後日、本誌は2人の関係を所属事務所に問い合わせたが、ともに「音楽仲間」だと回答。だが、2人はただの仲間ではない。語り合う夢があるのだ。

「昨年は小林のライブにさかなクンが飛び入り参加した。水族館でのライブを今後の夢としてよく話し合っている。子供たちに聴かせたいと願っているが、都合のつく水族館は見つかっていないようだ」(前出・芸能プロ関係者)

 夢を語る2人の今後は神のみぞ知る。

(週刊FLASH 2017年7月25日号)

(更新日:2017年7月11日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(芸能)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME