ぴあ映画初日満足度ランキング発表!第1位は『ヒトラーへの285枚の葉書』
ぴあ映画初日満足度ランキング発表!第1位は『ヒトラーへの285枚の葉書』
国内最大級の映画情報サイト・ぴあ映画生活は、2017年7月7日、8日公開作品の“ぴあ映画初日満足度ランキング”を発表しました。
第1位は、ヒトラー政権にペンと葉書だけで挑んだ夫婦の話を実話を基に映画化した『ヒトラーへの285枚の葉書』

第2位は、高杉真宙が主演を務め、葵わかながヒロインを演じる、『ももいろそらを』『ぼんとリンちゃん』の小林啓一監督による『逆光の頃』。第3位は、キアヌ・リーヴスが伝説の殺し屋を演じる『ジョン・ウィック:チャプター2』に決定しました。

************************************
1位『ヒトラーへの285枚の葉書』90.5点
2位『逆光の頃』90.0点
3位『ジョン・ウィック:チャプター2』85.5点
4位『メアリと魔女の花』84.4点
5位『ボンジュール、アン』84.0点
6位『ライフ』81.2点
7位『歓びのトスカーナ』80.7点
8位『バイバイマン』79.8点
9位『裁き』78.3点
(7月8日ぴあ調べ)
************************************

観客コメント
1位『ヒトラーへの285枚の葉書』90.5点

「世の中、戦争があったりと物騒だが、そんな時だからこそ、この映画で過去について学ぶことは重要だと思った」(45歳・男性)
「今、必要な映画だと思った。普通の人が絶望的な状況で抵抗していたのがすごい。後はないという夫婦の気持ちがヒシヒシと伝わってきた」(60歳・女性)
「歴史から過去を学び、これからに繋げていくことが大切で、この作品はそれを教えてくれた」(70歳・女性)

2位『逆光の頃』90.0点
「若者が大人になったシーンは、胸にストンとくるものがあった。客観的に見ていてもどこか懐かしさを感じる部分があり、見にきてよかったと思った」(30歳・女性)
「演出がとにかく素敵な映画だった。韓国からの留学生なので、関西弁は少し難しかったけれど、映像や音楽、効果音などの演出がとてもよかった」(23歳・女性)
「京都の情景を映した映像がとてもキレイで、街を堪能できた。俳優の魅力を上手く捉えていて、まるで高杉さんのために作られた映画のようだった」(40歳・女性)

3位『ジョン・ウィック:チャプター2』85.5点
「前作に続いて、独特な世界観で復讐する主人公の姿を描いていて、徹底的にやるところがいい! ガンアクションと体術のコラボもすごかった!」(35歳・男性)
「ファンが見たいと思っていた部分をより強く出してきて大満足! アクションゲームのような要素が満載で夢中になれた」(33歳・女性)
「前作よりも世界観を広げていて、その異質さがなかなかよかった。笑えるシーンも前作より多く、アクションシーンの見せ方をより工夫したことによって、良い意味で変な映画になった」(28歳・男性)

※ぴあ映画初日満足度調査とは
ぴあ(株)が公開初日に映画館で出口調査を実施し、 観客へのアンケート調査をもとに独自で集計した満足度をランキング形式で発表するもの。
ぴあ映画初日満足度ランキング

http://cinema.pia.co.jp/ranking/
http://cinema.pia.co.jp/ranking/


ぴあ映画生活

http://cinema.pia.co.jp/
http://cinema.pia.co.jp/



■添付画像/クレジット
『ヒトラーへの285枚の葉書』メイン画像
(C)X Filme Creative Pool GmbH / Master Movies / Alone in Berlin Ltd / Pathe Production / Buffalo Films 2016

(更新日:2017年7月11日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(映画)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME