【特集】納涼!『ゲームに登場する海景色』10選
【特集】納涼!『ゲームに登場する海景色』10選
夏を、ゲームの中で一足お先に体験しちゃいましょう!というわけで今回はゲームに登場する海景色を10選して皆様にお届けしたいと思います。

【特集】納涼!『ゲームに登場する海景色』10選

夏、ついに来たる!ただし梅雨が終わり次第…というさわやかさに欠ける時節を乗り越えなければやってこない夏を、ゲームの中で一足お先に体験しちゃいましょう!というわけで今回はゲームに登場する海景色を10選して皆様にお届けしたいと思います。

納涼企画、いきますよっ!(アイスを頂きながら)

『ABZU』
開発元:Giant Squid 開発年:2016年 機種:PlayStation 4/Xbox One/PC

――深海、それはある種の宇宙
本作は美麗なスキューバダイビングゲームです。魚に取りすがりながら一緒に泳いだり、まるで森林のような海中の生態系を眺めたりと遠浅から海底まで散策出来る作品です。本作はプレイ中に思わず涼しげな気分になる、そんな爽やかな作風を持っています。また、タイトルとなっている「Abzu」という単語ですが、これはシュメール神話などで存在していたと伝えられる地底の淡水のことを指しています。そのタイトル通り、プレイにおいて不思議と潮のにおいはあまり感じられず清涼な雰囲気を味わえる、良作ならぬ涼作といえるでしょう。暑くなる時期にまさに打って付けの作品です。

『Far Cry 3』
開発元:Ubisoft Montreal 開発年:2012年 機種:PC/PlayStation 3/Xbox 360

――狂気の島の海
一般人が狂気へ至る道程を描いた本作は南の島で激闘を繰り広げる作品です。それ故に海景色はよく見かけることになりますし、激闘の中でのある種の癒やしも得られます。また「ネットのみんなによろしく」という実績が搭載されており、その内容は、海賊によって頭だけ残して砂浜に埋められたハリウッドスターを見つけるというものです。SNSで拡散間違いなしですね。また、本シリーズの初代も海をフィーチャーした作品です。

『Depth』
開発元:Digital Confectioners 開発年:2014年 機種:PC

――サメ注意!
PvP作品である本作は、リスポーン回数はチケット制で決まっており、おのおのチケットが切れるか最終防衛するまで戦います。本作をユニークたらしめている要素は、ずばりサメがプレイアブル、メインキャラクターである点に尽きます。今までの対戦系FPSで培ってきた操作能力がここでは(サメ側では)誰もがゼロから始まるのです。前述したルールには更に奥があり「STEVE」という人物と共にお宝をサルベージするのがダイバーの役割で、サメはそれを阻止することになります。時折訪れる意外な試合展開や、味わったことのないプレイフィールは体験してみる価値があるでしょう。

次のページ:埠頭、海の惑星、リゾートランド、地獄の海

『PAYDAY 2』
開発元:Overkill Software 開発年:2013年 機種:PC/PlayStation 3/PlayStation 4/Xbox 360/Xbox One/Nintendo Switch

――海の埠頭
500万本の無料配布を行って話題になった銀行強盗協力ゲームである本作より、埠頭から窺える海景色です。孤独さや、ハードボイルドさを感ずる埠頭の景色、それはそれは良いものですよね…自分を狙う警備員さえ居なければ!なお、この埠頭が出てくるジョブには「コンテナからコンテナへ飛び移って一度も地面に足を付けずにコンピュータをハッキングする」という難易度の高い、プレイヤーのアクションの腕前を試してくるような実績も搭載されています。

『Starbound』
開発元:Chucklefish 開発年:2016年 機種:PC

――海の惑星
星から星へ股にかけながら様々な種族とアプローチをするというメインクエストを本作は持っていますが、それぞれの種族はその特徴を持った惑星に住んでおり、中には海と島で出来た惑星に行くことにもなります。そこではなんと海底遺跡や海底拠点があったりとプレイヤーを飽きさせません。なお、釣りのミニゲームも出来るのでおなかが減っても安心ですし、その星はついつい長く滞在しちゃいたくなる惑星といえるでしょう。

『Borderlands 2』
開発元:Gearbox Software 開発年:2012年 機種:PC/PlayStation 3/Xbox 360

――リゾートランドの海
協力プレイ、そしてハックアンドスラッシュの要素を兼ね備えた名作FPSである本作より、DLCで追加されるエリアで「Pandora」(本作の舞台となる惑星)随一のリゾート「Wam Bam Island」です。このDLCは全体を通してリゾート感をたっぷりと前面に押し出しておりまさに夏にうってつけ!また、DLCのラスボスもまさかの生き物がモチーフとなっており最後まで退屈とは無縁でいられます。

『Dying Light』
開発元:Techland 開発年:2015年 機種:PC/PlayStation 4/Xbox One

――地獄の隣にある海
ゾンビとの戦闘とパルクールアクションを破綻させることなく、見事にミックスして名作となった本作より漁村の海景色です。この近辺、漁村の真上には大きな橋が架かっており、橋を登りメンテナンスタワーの頂上から海にダイブすることも可能なのです。何らかの球体がヒュンしてしまうかもしれませんが、とはいえ爽快感はたっぷりですので、是非プレイしてその目でダイビングを楽しんでみてはいかがでしょうか。何らかの球体の躍動を感じられるはずです。

次のページ:戦場の海、素朴な海、極寒の海

『Arma 3』
開発元:Bohemia Interactive 開発年:2013年 機種:PC

――戦場の海
発売から数年が経ってなおアップデートが盛んで、さらなるDLCもやってくる軍事シミュレーターである本作より、エーゲ海北部の架空の島「アルティス島」より拝める海岸です。架空とはいえ実際のモデルがあり、用いられた地形は「レムノス島」というギリシャにある島となっております。前作にあったかゆいところに手が届くような調整、アップデートが行われた本作は協力プレイも押し出し、単なるマニア向けシューターに留まらない人気を博しています。

『Stardew Valley』
開発元:ConcernedApe 開発年:2016年 機種:PC/PlayStation 4/Xbox One/Nintendo Switch(予定)

――素朴な海
脱サラからの農村、牧場暮らしを楽しめる本作より海岸地帯の景色です。ドット絵とはいえ、それ故の牧歌的な雰囲気が出ていて非常に癒やされます。また、釣りをすることも可能なので、たまには農作業や牧場運営も忘れ一日中釣りを楽しむのも良いでしょう。釣った魚は販売することも出来ますし、コレクションにもなります。本作は開発者の方が理想とする『牧場物語』を作ったという惹句を持ちますが、その理想とプレイヤーの理想の間には殆どギャップがなかったのか大きなセールスを果たしました。

『The Elder Scrolls V: Skyrim』
開発元:Bethesda Game Studios 開発年:2011年 機種:PC/PlayStation 3/Xbox 360/PlayStation 4/Xbox One

――極寒の海!
そろそろ新シリーズも、という声も大きくなってきた本シリーズの今作より極寒の海です。ロケ地はスカイリムの中でも北端で魔法を扱う大学がある「ウィンターホールド地方」の東にある「大蛇の石碑」となっております。この石碑によって得られる効果は、一日に一度だけ発動させることが可能なもので、ターゲットを麻痺させ、更にダメージを与えるという強力な効果を持っています。

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
いかがでしたでしょうか?これから夏真っ盛りで海のことをどうしても意識してしまいます。とはいえ私のようなインドア派の方でも大丈夫、何故ならゲームの中で海へ行けば良いのですから!といったところで皆様、よい夏のゲームライフを!
(更新日:2017年7月10日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(ゲーム)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME