top_line

少年少女のもどかしい恋愛を描く「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」(2017)

エンタメウィーク(映画)

少年少女のもどかしい恋愛を描く「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」(2017)(C)エンタメウィーク(映画) 1993年に放送され、95年に劇場公開もされた岩井俊二監督の名作テレビドラマを、「モテキ」「バクマン。」の大根仁による脚本、「魔法少女まどか☆マギカ」の新房昭之の総監督でアニメ映画化。とある海辺の町の夏休み。中学生たちは花火大会を前に「花火は横から見たら丸いのか?平たいのか?」という話題で盛り上がっていた。そんな中、クラスのアイドル的存在のなずなが、母親の再婚のため転校することになった。

解説

1993年に放送され、95年に劇場公開もされた岩井俊二監督の名作テレビドラマを、「モテキ」「バクマン。」の大根仁による脚本、「魔法少女まどか☆マギカ」の新房昭之の総監督でアニメ映画化。とある海辺の町の夏休み。中学生たちは花火大会を前に「花火は横から見たら丸いのか?平たいのか?」という話題で盛り上がっていた。そんな中、クラスのアイドル的存在のなずなが、母親の再婚のため転校することになった。なずなに思いを寄せる典道は、転校をしたくないなずなから「かけおち」に誘われ、時間が巻き戻る不思議な体験をする。声の出演は、なずな役を広瀬すず、典道役を本作が声優初挑戦となる菅田将暉、典道の恋敵となる祐介役を宮野真守がそれぞれ務める。
(提供元:映画.com 作品画像:(C)2017「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」製作委員会)

「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る

アニメなら何でも見るさんの評価 ★★★☆☆

観終わった後は、「その後どうなったんだろう」と想像が膨らむ作品です。思春期独特の恥じらいや葛藤に、「そんなこともあったなぁ」と共感したり、もどかしくなったり……。リアルな心理描写はもちろん、注目すべきは作品の世界観。青春の恋愛モノと見せかけて、SF的な要素を多く含んでいるんです。果たしてラストシーンは、主人公・典道がヒロイン・なずなを想うがゆえの妄想だったのか、それとも?


「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」を見るなら
Amazonプライムビデオ
「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る
Amazon、Amazon.co.jp、およびそれらのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル