top_line

機内のトラブルをコミカルに描いた「ハッピーフライト」(2008)

エンタメウィーク(映画)

機内のトラブルをコミカルに描いた「ハッピーフライト」(2008)(C)エンタメウィーク(映画) 「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」の矢口史靖監督が、旅客機にまつわる人々の悲喜こもごもをコメディタッチで描く。羽田空港から飛び立とうとしているホノルル行きチャーター便・NH1980に、機長昇格が間近の副操縦士・鈴木や教官役の機長・原田、新米CAの斉藤らが搭乗。

解説

「ウォーターボーイズ」「スウィングガールズ」の矢口史靖監督が、旅客機にまつわる人々の悲喜こもごもをコメディタッチで描く。羽田空港から飛び立とうとしているホノルル行きチャーター便・NH1980に、機長昇格が間近の副操縦士・鈴木や教官役の機長・原田、新米CAの斉藤らが搭乗。グランドスタッフは座席のオーバーブッキングの対応に追われ、整備士たちは時間のない中で整備にあたるが、なんとか飛行機は定刻通りに離陸。あとは快適な空の旅のはずだったが……。
(提供元:映画.com 作品画像:(C)2008 FUJI TELEVISION, ALTAMIRA PICTURES, TOHO, DENTSU)

「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る

笑角亭 福さんの評価 ★★★★☆

『ウォーターボーイズ』に『スウィングガールズ』で知られるファミリー映画の定番監督、矢口史靖のコメディ作品。パイロットやCAといった花形の職業だけでなく、グランドスタッフなど航空会社で活躍する様々な人が登場する点が観ていて面白いです。彼らのやりとりとか、かなり取材して本来のものに基づいているんだろうなってことが観ていてわかります。実際、矢口監督はもともとパニック映画を撮ろうとしたのに取材を進めるうちに飛行機が墜落する確率の低さ、そして航空業界で働く人々の面白みを知って脚本を変えたそうです。たくさんのキャラクターが登場するけど、どれもキャラが立っていてそれぞれの持つストーリーが交差していくのが楽しい。特に、訓練中の副操縦士を演じる田辺誠一と新人CAの綾瀬はるかの可愛さが可愛すぎる!フライト中に起こる小さなトラブルから大きなトラブルまで描かれているので、映画を見て改めて飛行機の背後にある沢山の人の弛まぬ努力と気遣いの賜物なんだと思い知りましたね。

「ハッピーフライト」を見るなら
Amazonプライムビデオ
「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る
Amazon、Amazon.co.jp、およびそれらのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル