【インタビュー】『逆光の頃』葵わかな「お芝居ってもっと面白いものかもしれないと思えるようになりました」
【インタビュー】『逆光の頃』葵わかな「お芝居ってもっと面白いものかもしれないと思えるようになりました」
フィギュア「コップのフチ子」の原案者であり、ギャグイラストの「バカドリル」などでも知られる異才の漫画家タナカカツキ氏の名作『逆光の頃』が映画化され、7月8日から全国順次公開される。

 フィギュア「コップのフチ子」の原案者であり、ギャグイラストの「バカドリル」などでも知られる異才の漫画家タナカカツキ氏の名作『逆光の頃』が映画化され、7月8日から全国順次公開される。京都の街を背景に、日常と非日常、夢と現実の双方を行き来する17歳の孝豊(高杉真宙)のゆらめきときらめきを描いた本作で、孝豊が恋する幼なじみのみことを演じた葵わかな。平成29年度後期 連続テレビ小説「わろてんか」のヒロイン役も決定した期待の若手女優が、映画や演技について語った。

-原作漫画のことは知っていましたか。

 全く知りませんでしたが、撮影前に読んで、独特な世界観のあるお話だなあと思いました。特に何か事件が起きるわけではないのですが、読んだ後は、感情が揺れ動く感じがとてもすてきだなあと思いました。

-出身は神奈川県。京都弁は難しかったですか。

 とても難しかったです(笑)。イントネーションだけではなく、言葉の伸び方や、言葉と言葉の間のちょっとした間(ま)などに、東京の人っぽい感じが出てしまうらしくて…。それが自分では分からないので、何度も何度も、それこそクランクアップの前日まで言葉の稽古をしました。こんなに言葉の稽古をみっちりしたことはなかったので、それでなんとかなじめたのかなとは思います。方言指導の方と高杉さんと(小林啓一)監督と4人でずっと台本の読み合わせをしていました。せりふの間とか言葉の流れをつかむと、自然と呼吸や空気もそれっぽくなっていくところが監督の狙いだったと思います。後半は自分でもしっくりくるようになりました。言葉はリズムが大事だなと改めて思いました。

-相手役の高杉真宙さんの印象は?

 お会いする前は、真面目な方なのかなと思っていました。実際にお会いしてみると、周りに気を配りながら、自分もちゃんと持ってらっしゃって、とても自由にやられているという印象でした。例えば、監督には役に対するイメージがはっきりとあって、そこから出てしまうとNGになります。

(更新日:2017年7月7日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(映画)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME