top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

唐田えりか 韓国CM契約が白紙に…東出会見の陰にあった苦境

女性自身

唐田えりか 韓国CM契約が白紙に…東出会見の陰にあった苦境

東出昌大(32)と唐田えりか(22)の不倫騒動が報じられてから2カ月。騒動後、口を堅く閉ざしていた夫婦だが、最初に沈黙を破ったのは裏切られた妻の杏(33)だった。2月18日、シンポジウムに登壇した杏は、静かに心境をこう語った。

 

《今後のことにつきましては、これからゆっくり考えさせていただきたい。小さな子どももおります。どうかそっとしておいていただければと思います》

 

それから遅れること1カ月。3月17日、自身がナレーターを務める映画のイベントで、騒動後初となる公の場に登場した東出。イベント後に会見を行い騒動について語った東出だったが、実現まで紆余曲折があったようだ。

 

「東出さんの事務所は関係各所への影響を考慮してすぐにでも会見を行いたかったそうですが、当の本人が前向きではなかったといいます。最近まで東出さんが主演したドラマ『ケイジとケンジ』(テレビ朝日系)の撮影があったこともあり、この時期になってしまったようです」(テレビ局関係者)

 

杏や関係者への深い謝罪でスタートした会見だったが、質問に沈黙する場面が続出。さらに「杏を好きなのか? 唐田を好きなのか?」という質問には、10秒ほど沈黙したのちこう答えた。「私の心の内をここでしゃべるのは妻を傷つけることになるので申し上げられません」

 

この東出の回答にはSNS上で、《ハッキリ杏だと言えないのか》《かえって、妻を傷つけている》といった批判が噴出。

 

会見で騒動後に関係が終わったことを明かされた不倫相手の唐田も、苦境に立たされている。

 

「韓国で唐田さんの知名度は高く、向こうの大手芸能事務所とも契約を結び、CMの話も出ていたほど人気でした。しかし、韓国では日本以上に不倫は御法度です。今回の騒動で起用計画もすべて立ち消えになり、どのテレビ局や企業からも受け入れ拒否状態。一部では唐田さんが韓国に拠点を移すという話もありましたが、まず無理でしょう」(韓国の制作関係者)

 

「女性自身」2020年4月7日号 掲載

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル