top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『江戸前の旬』原作者が語る「寿司屋の店主をどう呼ぶか?」

SmartFLASH

 

 マンガ雑誌『週刊漫画ゴラク』(日本文芸社)で、1999年から今も連載が続く、“老舗” の寿司漫画『江戸前の旬』。寿司の具である “タネ” のエピソードを中心に、すでに100巻が発売されている。原作者の九十九森先生が、「寿司ウンチク」を存分に語ってくれた。

 

 

広告の後にも続きます

 

「結局のところ、寿司屋に行くのは『店主との会話を楽しむため』です。ここで問題になるのが、寿司屋でのマナーでしょう。

 

 絶対に守っていただきたいのが、まずお店に入ったら、『どこに座っていいですか?』と、お店の意向を聞くこと。常連さんの席が決まっているお店も多いので、席が空いているからといって勝手に座るのは、言語道断です。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(アニメ)

ジャンル