top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

「出演が決まった時、実家は宝くじに当たったような大騒ぎになりました」田中美央(奥山六左衛門)【「おんな城主 直虎」インタビュー】

もっとエンタメ

 井伊家重臣・奥山家の当主でありながら、武芸は不得意で性格も気弱。ちょっと頼りないところはあるものの、実直な働きぶりと憎めない人柄で、中野直之(矢本悠馬)と共に直虎(柴咲コウ)を支えるのが奥山六左衛門である。“六左”の愛称で親しまれるこの人物を好演しているのが、長年、舞台で活躍してきた田中美央。オーディションで勝ち取った念願の大河ドラマ初出演は、家族を挙げての大騒動になったという。

 

-大河ドラマ初出演に至った経緯をお聞かせください。

 芝居を始めて20年ぐらいになりますが、僕は今までほとんどテレビに出演したことがありませんでした。ずっと応援してくれていた両親もさすがに心配したのか、去年あたりから父親が「大河とかには出られないのか」と言い出したんです。ちょうど『日本のいちばん長い日』(15)への出演をきっかけにオーディションのお話を頂いて、その時はもう結果を待っている状態だったのですが、ぬか喜びさせたら悪いと思って黙っていました。

-出演が決まった時はどんな様子でしたか。

 もう喜び大爆発です。実家は宝くじに当たったような大騒ぎになりました。でも、そこで言われたのが「皆さんに見ていただくのだから、まずは痩せろ」(笑)。結局そのまま出ていますが、今でも応援メールの最後には必ず「私は痩せていた方がいいと思うよ」と書いてあります。反響もすごくて、放送されるたびに母親から、「誰々さんからこういう感想が」というリストが送られてきます(笑)。

-六左衛門という人物をどのように捉えていらっしゃいますか。

 だいぶ頼りないですよね(笑)。でも、なんだかんだ言って、六左衛門は直虎とも直之ともうまくやっています。なぜだろうとその理由を考えたのですが、奥山家はしの(貫地谷しほり)やなつ(山口紗弥加)という妹がいるので、女性の顔色をうかがうことが上手だったのではないかと。最初は「怖い、怖い」と言ったり、オロオロしているような演技しか思いつかなかったのですが、そこに気付いてから演技の幅が少し広がりました。

TOPICS

ランキング

ジャンル