top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

木村拓哉主演ドラマ『BG』Season2が決定!「しっかりとした内容、やる意味を持たしたい」

テレビドガッチ


木村拓哉主演で2018年1月期に放送された木曜ドラマ『BG〜身辺警護人〜』(テレビ朝日系、毎週木曜21:00~)のSeason2が、4月16日からスタートすることが決定。本作に挑む木村が囲み取材に応じ、作品への思いを明かした。

丸腰の状態でまさに“命の盾”となり、あらゆる危険からクライアントを護ってきた民間ボディーガード・島崎章(木村)の活躍を描く『BG~身辺警護人~』。新章では、“チーム戦”から“個人戦”へ。島崎が「弱き者の盾になる」という使命を貫くために利益を優先する組織を飛び出し、心機一転、次なるステージで再始動する。

木村は、Season1が終わった当時続編ができるとは考えていなかったそうで、Season2についても「タイトル自体が一切変わっていないので、パート2という意識はない」と心境を告白。

テレビ朝日は『相棒』をはじめシリーズ化されている作品が多いが、「(シリーズ作品に挑んでいる)皆さんの継続されているスタンスや努力、チームワーク、結果など、そういうものからすると、『BG』のSeason2はまだまだ赤子のようなものだと思う」と謙遜し、「継続をさせていただけるのであれば、しっかりとした内容や世界感、やる意味をもたさないと、他の作品に失礼になると思う。そこは現場で共演者、監督、スタッフ一丸となってやっていきたいと思う」と誓った。

2年ぶりに島崎を演じる木村だが、島崎の立場は“組織から独立した私設ボディーガード”へと大幅更新される。「台本を読ませていただいて、『現場に赴いて体を張って、警護対象者を守ること』というは、バックグランドが変わっても以前と変わらずブレてないです」と断言。また、「脚本の井上由美子さんには、思ったことは包み隠さず伝え、いろいろコミュニケーションとらせていただいた上で撮影に入れると思います」と手応えを感じている様子。

またボディーガードということで、今作でもアクションシーンに期待が高まる。木村自身も、「何が撮影に活かせるか活かせないか、やってみないと分からないですけど、動いておくのと動かないとでは違うと思い、空いた時間で柔術とかしていました」と明かし、「アクション部分に関しては、アクション監督らといろいろアイデアを出しながらできると思う」と意気込んだ。

前作に引き続き、斎藤工、菜々緒、間宮祥太朗も出演するが、「前回からご一緒させていただいている皆さんとは、同じモチベーションでクランクインできると思っているので、そんなに警戒する必要がないですね。皆さんと現場を共にすることで、空気はすぐできると思う。楽しみです」とニッコリ。

また今回、木村からの発案で、決定稿を作る前に齊藤ら前作から引き続き出演するキャスト、井上やプロデューサー陣が集合し、仮脚本を各々が読み思ったことを吐き出しという。「緊張感が多少変わったかなと思います。キレイに整頓され、しっかり煮詰まった決定稿になっていたので、あとは現場に立つだけです」と凛々しい表情を見せる。

Season2では、木村と共演歴のある実力派の新キャストも参戦。不穏な空気を呼び込む“最大の敵”として、木村と『華麗なる一族』(2007年・TBS系)以来、13年ぶりとなる共演となる仲村トオルが出演するが、「ストーリーを構築する上で、どうしてもダークサイドが必要となるところに、トオルさんが居てくれるのは非常に心強い」と白い歯を見せ、「そういう役をやるから現場で一切話さないという方でもないので、逆に器の大きいダークサイドだなと思う」と尊敬の念を込めて明かす。

さらに、身辺警護課の契約担当医をしている笠松多佳子役として、市川実日子も出演。章の癒やしの存在となっていくが、「井上さんが『大人の恋愛をやりたい』と言っていましたが、冷静に考えて章はバツイチですし、皆さんの頭の中にはExワイフの顔(前作では山口智子が演じた元妻)がはっきり思い浮かぶと思う」と苦笑いし、「その状況下で、どういうハンドリングでやっていくのかは楽しみです」と期待していた。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル