top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

100万貯めるための心構えは「無理なく・無駄なく・ムラなく」で

女性自身

100万貯めるための心構えは「無理なく・無駄なく・ムラなく」で

「毎日こまめに節約して、家計簿も細かくつけているのに、お金が全然貯まらない!」「将来が不安なので少しでも多く貯蓄したいけど、今の収入では生活するだけで精いっぱい……」などと、お金に対する悩みを抱える人は多い。

 

そこで今回、家計再生の2人のプロに、1年間を通じて100万円貯蓄するための心構えを教えてもらった。1人目は「やみくもに節約するのではなく、今のお金の流れを知って、整え直すことが大切」と語る、家計再生コンサルタント、ファイナンシャルプランナーの横山光昭さん。そして2人目は、同じくファイナンシャルプランナーの山口京子さん。

 

ひと言で「100万円を貯める」といっても、できるのは「支出を減らすこと(=守りの貯蓄)」と、「今あるお金をフル活用すること(=攻めの貯蓄)」の2つだけ。「守りの貯蓄」のポイントとして横山さんが挙げるのは、まずはお金の使い道を把握することだ。

広告の後にも続きます

 

「今、自分がどれだけお金を使っているのか、お金の流れを知ったうえで、生活に必要な『消費』、無駄遣いの『浪費』、将来につながる『投資』の3つのモノサシでお金の使い方を振り返ります。そしてお金の“自分軸”を形成することができれば、1年間で100万円を貯めることも夢ではありません」

 

いっぽう、山口さんからは、「攻めの貯蓄」について、こんなユニークな発想の転換も。

 

「たとえば『ふるさと納税』では、地域の特産品がもらえる自治体に寄付してみましょう。返礼品を現金換算すれば、それも立派な『貯蓄』のひとつ。ご当地のお菓子、フルーツや魚介類、お肉などを選べば、食費がその分浮くだけでなく、楽しみも増えますよ」

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル