岡崎京子に矢沢あい…。ファッション雑誌はオシャレ女性漫画の宝庫!?
岡崎京子に矢沢あい…。ファッション雑誌はオシャレ女性漫画の宝庫!?
独特の世界観で90年代のオシャレ女子をとりこにした人気漫画家、岡崎京子。岡崎原作の『リバーズ・エッジ』が、二階堂ふみ主演で2018年に実写映画化されることが決まった。実は、『リバーズ・エッジ』は、漫画雑誌ではなくファッション雑誌『CUTiE』で1993年~1994年にかけて連載していた作品だ。

安野モヨコや矢沢あいのあの名作は、ファッション雑誌で生まれた!

原作の『リバーズ・エッジ』は、いじめや暴力、放置された死体など過激な描写も多い。キラキラとしたファッション雑誌に同作のような漫画が掲載されることは今の時代にはほとんどないことだが、当時はそのギャップやコントラストが若者に受けたのかもしれない。

また、オシャレ女子から圧倒的な支持を得ている漫画家・安野モヨコも、ファッション雑誌に連載を持っていた。安野といえば、岡崎のアシスタントを務めていたことでも有名だ。個性的な5人のモデルたちのクセのある日常を描いた『ジェリー イン ザ メリィゴーラウンド』や、デザイナーを目指す主人公・マメの成長を描いた『ジェリービーンズ』は、『リバーズ・エッジ』と同じく『CUTiE』で連載されていた作品だ。当時、ファッション好きが集まる原宿は「手作り」ブームが起きており、自分で服や小物をリメイクをしたり、手作りの洋服で個性を出すことが流行っていた。安野の『ジェリービーンズ』は、その手作りブームをけん引したといっても過言ではない作品だ。

また、『NANA』や『天使なんかじゃない』など数々のヒット作を持つ矢沢あいも、ファッション雑誌『Zipper』で『Paradise Kiss』を連載していた。『パラキス』の愛称でも親しまれたこの作品は、矢沢の代表作である『ご近所物語』の続編。オシャレな絵と、登場人物たちが夢や恋に奔走するストーリーがファッション好き女子の心をつかみ、当時は“パラキス”を目当てに『Zipper』を買っていたというファンも少なくなかったようだ。

『ハチクロ』も『CUTiE Comics』で連載されていた

2000年に入ると、『Zipper』から派生して生まれた漫画雑誌『Zipper comic』が創刊された。おかざき真里、ジョージ朝倉、宇仁田ゆみ、桜沢エリカなど、ストーリーの面白さはもちろん、絵がオシャレで登場人物のファッションやライフスタイルを真似したくなるような作風の「オシャレ漫画家」が次々と登場する。また、映画化、ドラマ化もされた羽海野チカ原作のヒット作『ハチミツとクローバー』は、もともと『CUTiE』から派生した漫画雑誌『CUTiE Comic』で連載されていた作品だ。


一見関係のないように見えるファッション雑誌と漫画には、意外な接点があったのだ。出版不況といわれている今こそ、ファッションと漫画の面白いコラボレーションが実現すれば、大きな話題になりそうだ。

(文/河村綾香)

(更新日:2017年9月8日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(マンガ/アニメ)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME