top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

名探偵との直接対決!暴かれる貴族の秘密と謎の使用人登場!!嵐・相葉雅紀主演『貴族探偵』第7話レビュー

music.jp|テレビ・映画

名探偵との直接対決!暴かれる貴族の秘密と謎の使用人登場!!嵐・相葉雅紀主演『貴族探偵』第7話レビュー(C)music.jp|テレビ・映画 新たなヒーロー、推理しない名探偵誕生! 相葉雅紀主演、フジテレビ系「貴族探偵」。5月29日(月)に放送された第7話は、1年前、切子が最後に関わった殺人事件を調べる愛香。今は亡き愛香の師匠と貴族探偵の関係が明らかに。ゲストには、広末涼子と森口瑤子が出演、悲しき愛憎劇を繰り広げた。いよいよ物語も最終章へ突入し、波乱の展開が幕を開けた。

前回の第6話では、貴族探偵の正体を暴こうと桜川鷹亮の屋敷を訪れた愛香。その日、桜川家では、鷹亮の孫である弥生の婿選びの儀式が行われていたのだが、殺人事件が発生。世継ぎ争いの果てに起きた血で血を争う熾烈を極めた凄惨な連続殺人事件は、驚愕と涙の結末を迎えた。しかし、この事件の際、何かに気づいた愛香、1年前、事故で亡くなった切子の死亡診断書を取り出すと、そこには、貴族探偵の家紋が──。果たして、切子の死と貴族探偵の関係は…。

第7話…貴族探偵の謎のベールが明かされる時、待ち受ける破局的真実!

1年前、睡眠薬とカッターナイフで手首を切り、息を引き取っている大手電子部品メーカー都倉電子の社長・都倉健一(小木茂光)が発見された。死因は失血死。現場である書斎は内側から鍵が閉められ、その鍵は2つとも室内に残されていた。完全な密室であることから、警察は自殺と判断。その一報を知らされた喜多見探偵事務所所長・喜多見切子(井川遥)は、信じられない思いで都倉の自宅へと急いだ。都倉の自宅には、妻の光恵(広末涼子)、前妻の息子・忠仁(藤原季節)、同じく娘・江梨子(唐田えりか)、そして都倉の秘書・旗手真佐子(森口瑤子)。

書斎を見た切子は、意図的に作られた密室であり他殺と判断。そこへあの男が現れ…

社長が自殺したとは信じられない切子は、管理責任者という交番勤務の警官・鼻形雷雨(生瀬勝久)に頼み込み、現場である書斎をみせてもらうことに。エアコンや窓など調べた切子は、鼻形に3つのことを調べて欲しいとお願いをする。そこへ、貴族探偵のメイド・田中が現れ、天幕へと案内。すると、そこには貴族探偵の姿が…。不可解な自殺があったと聞いたので面白そうだから調べに来たという貴族探偵。以前から貴族探偵と知り合いだと話す切子は、不自然な点が多く見られることから、これは自殺ではなく他殺だといい、社長には恩があり死の真相を調べたいと切子は告げる。1つの事件に2人の探偵、そこで推理対決をすることになったのだが──。

広告の後にも続きます

貴族探偵と切子が推理対決をすることに。しかし、これが切子の最後の事件となり…

さっそく関係者たちにアリバイを聞く切子。アリバイがないのは光恵と真佐子だけ。しかし、前妻の子どもたちは、光恵が犯人だという。都倉はずっと秘書である真佐子と交際していた。しかし、銀座でホステスをしていた光恵と知り合い、突然再婚したのだという。遺産目当ての犯行だと子どもたちは推測。そしてある夜、光恵と真佐子が鉢合わせをしたとき、2人は同じカバンを持っていた。2つとも都倉がプレゼントしたものであり、気を悪くした光恵はカバンを床に置いた。そして、これまで我慢していた真佐子も逆上し、カバンを床に投げつけた。そのとき、2人のかばんは入れ替わり、あとから気付いた真佐子は、都倉の書斎に光恵のカバンを置き帰宅。翌朝、光恵にいわれ都倉を呼びに行った真佐子、しかし鍵がかかっていたため、外から覗き都倉の遺体を発見したのだという。さらに、鼻形から報告を受けた切子は、犯人が分かったといい推理を始めるのだが──。

TOPICS

ランキング

ジャンル