top_line

【見せるだけ】おトクな割引クーポンをGET!

木村拓哉が初のソロアルバムで初登場1位を獲得! 稲葉浩志、水野良樹、槇原敬之、森山直太朗らが楽曲提供

music.jp

木村拓哉が初のソロアルバムで初登場1位を獲得! 稲葉浩志、水野良樹、槇原敬之、森山直太朗らが楽曲提供(C)music.jp 木村拓哉の初のオリジナルソロアルバム『Go with the Flow』(ビクターエンタテインメント/1月8日発売)が初週に12.7万枚を売り上げ、2020年1月20日付オリコン週間アルバムランキング(集計期間1月6日〜1月12日)にて、初登場1位を獲得したことが明らかになった。

今作は、2018年8月スタートのTOKYO FM「木村拓哉 Flow supported by GYAO!」にて、番組に出演したゲストアーティストたちとリスナーからの声により、音楽プロジェクトとして実現。始動のきっかけとなった、稲葉浩志作詞によるリードトラック「One and Only」は「GYAO!」の新CMに起用されている。

稲葉の他にも、水野良樹(いきものがかり、HIROBA)、Uru、川上洋平([ALEXANDROS])、槇原敬之、森山直太朗、LOVE PSYCHEDELICO、小山田圭吾(コーネリアス)らが楽曲を提供。全13曲収録で、その中には、1997年リリースのSMAPの10thアルバム『SMAP 011 ス』に木村のソロ曲として忌野清志郎さんが提供した「弱い僕だから」の再録も含まれている。

なお木村は、ソロ初のライブツアーとなる、東京と大阪でのライブツアー“TAKUYA KIMURA Live Tour 2020 Go with the Flow”を、2月8日(土)東京・国立代々木競技場 第一体育館を皮切りにスタートさせる。

【オリコン調べ(2020年1月20日付 集計期間:1月6日〜1月12日)】

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル