top_line

【毎日更新】新着クーポンをチェック

中川大志も!ジャニーズだと勘違いしていた男性芸能人1位は…

JOOKEY

ジャニーズタレントたちはここ最近、アイドル業に俳優業にと活動の幅が広がってきています。そのため、活躍しているイケメンの男性芸能人を見ると、ついジャニーズではないかと思う事も。今回は10〜40代のみなさんに、ジャニーズだと勘違いした事のある男性芸能人を聞いてみました。

通勤の空き時間などに!mydaizのオーディオブックは短時間でさくっと聴ける!

■質問内容

ジャニーズだと勘違いしていた男性芸能人はどれですか。3つ以内でお選びください。

 

■調査結果

1位:ウエンツ瑛士 9.0%
2位:小池徹平 8.0%
3位:菅田将暉 7.0%
4位:三浦春馬 6.0%
4位:千葉雄大 6.0%
4位:山田裕貴 6.0%
7位:三浦翔平 4.0%
7位:中川大志 4.0%
7位:北村匠海 4.0%
7位:志尊淳 4.0%
7位:横浜流星 4.0%

 

●ウエンツ瑛士

1位は、ドイツ系アメリカ人の父親を持つハーフでバラエティタレントとして活躍するウエンツ瑛士さん。容姿が端整である事にくわえ、かつて子供番組「天才てれびくん」で生田斗真さんとバンドグループを組んでいた事や「WaT」として歌手活動している事などからもジャニーズタレントと勘違いされやすい傾向にありました。しかし、それもそのはずでウエンツさんは過去にジャニーズ事務所からスカウトを受けたものの断っている過去があるのだそうです。

 

●小池徹平

2位は、俳優の小池徹平さん。1位のウエンツさんと「WaT」として活躍していた事も有名で、同じくジャニーズタレントとして間違われやすいようです。小池さんの芸能界入りは、ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでグランプリを受賞した事がきっかけとなっています。

 

●菅田将暉

3位には人気若手俳優として知られる菅田将暉さんがランクイン。菅田さんはジュノン・スーパーボーイ・コンテストを経て「仮面ライダーW」で特撮俳優としてデビューしていますが、中性的な容姿である事や俳優業で大活躍する傍らで歌手としての顔もある事などからジャニーズタレントだと勘違いされやすいようです。

 

■上位にはジャニーズの特徴に該当している3人がランクイン

トップ3にランクインした3人は、甘い顔立ちで歌手としても活躍しているといったジャニーズタレントの特徴に該当するような共通点があります。このように、ジャニーズとは関係ない男性芸能人でも、ジャニーズと勘違いしてしまう事は、よくありますよね。

 

HORANE調べ 2019年12月 調査対象:10~40代の男女

通勤の空き時間などに!mydaizのオーディオブックは短時間でさくっと聴ける!

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル