ファンキー加藤 W不倫から1年「養育費払いたくない」と吐露
ファンキー加藤 W不倫から1年「養育費払いたくない」と吐露
小雨の降り続く5月下旬の昼過ぎ。ファンキー加藤(38)と妻、2歳の長男、そして生まれたばかりの次男を抱っこする付き添い女性の姿が、東京・六本木のミッドタウンにあった。

小雨の降り続く5月下旬の昼過ぎ。ファンキー加藤(38)と妻、2歳の長男、そして生まれたばかりの次男を抱っこする付き添い女性の姿が、東京・六本木のミッドタウンにあった。

店内を走り回る長男を追いかけ、笑顔で諭している加藤と、その姿を遠くから穏やかな表情で見守る妻。なんとも幸せそうな家族の風景ーー。

昨年6月、お笑いコンビ・アンタッチャブルの柴田英嗣(41)の元妻・A子さんと加藤の“W不倫”が発覚してから1年、すでに夫婦仲は完全に修復しているようだ。

一家はランチを食べるため、アメリカンダイナー風のレストランへと仲良く入っていく。W不倫にくわえ、A子さんの妊娠が発覚した当時、記者会見を開いた加藤は、妻への気持ちを聞かれ、神妙な面持ちでこう話した。

《一生かけて償っていこうと思います》

そのいっぽう、不倫相手であるA子さんが妊娠した子供については、《認知もさせていただいています。養育費など今後についての話し合いも現在させていただいています。生まれてくる子供のために、自分自身何ができるか、しっかりと考え向き合って行きたい》と語っていた。

A子さんが出産したのは、この記者会見の1週間ほど後。加藤は、会見で語ったとおりに養育費などをA子さん親子に支払ってきたはずなのだがーー。

「加藤さんは、奥さんとの間に生まれたばかりの次男がかわいくてしかたなくて……。親しい人たちには『もうA子さん親子には、養育費を払いたくないよ……』とこぼしているというんです。会見では『責任を取る』と言い切っていただけに、発言を伝え聞いたA子さんサイドの関係者は憤っていますよ」(音楽関係者)

事実ならばゲスすぎる本音。食事中のレストランから、トイレに行くため1人で出て来た加藤を直撃するとーー。記者に「A子さんとの間のお子さんの養育費を……」と最後まで言わせず、加藤はこう返答した。

「コメントのほうは控えさせていただきます。プライベートなことなので、すいません」

だが、本当に養育費の支払いが止まったら、A子さん親子の生活は成り立たない。いまA子さんは都内の一軒家で子供たちと暮らしている。

元夫の柴田との間に生まれている子供たちを学校に送り出したあと、加藤との間に生まれた幼子を抱いて買い物に出かけたA子さん。家具量販店で買った大荷物を持って帰宅したA子さんに声をかけた。

加藤さんが「もう養育費を払いたくない」と言っているそうです。弁護士などから、そういったご連絡は?

「私は何も聞いていません」

いまも養育費はきちんと支払われているという。加藤の所属事務所に問い合わせると、「加藤本人に確認しましたところ、そういった内容のことは言っていないとのことです。養育費についても、先方とのお約束どおりお支払いしてるとのことです」と回答した。

本誌も、「もう養育費を払いたくない」なんて“男のゲス本音”が加藤の本心でないことを祈っているがーー。

(更新日:2017年7月7日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(芸能)

dマーケットの「話題のドラマ・映画特集」

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME